高血圧の原因は過度なアルコール摂取!顔が赤くなる人は注意

高血圧原因は過度なアルコール摂取だそうです。また、お酒のおつまみや、アルコールが腎臓に負担をかけているそうです。飲酒で顔が赤くなる人は注意をする必要があります。そして、お酒を毎日、大量に飲み続けると、心臓病、脳卒中、骨粗しょう症、認知症の危険が増すので、注意が必要です。

  • 過度なアルコール摂取が高血圧の原因
  • お酒のおつまみが高血圧の原因
  • アルコールが腎臓に負担をかけるのが原因
  • 飲酒で顔が赤くなる人は注意

過度な飲酒は血圧を上げる

sake

アルコールを過度に摂取すると、心拍数が上がり、交感神経も活発になるために、高血圧の原因になるそうです。

しかし、適度な飲酒は逆に体温が上がり、血流も良くなることから血圧が下がるそうです。

スポンサーリンク

お酒のおつまみが高血圧の原因

お酒を飲むと塩分や脂肪分の多い揚げ物を食べてしまうので、高血圧の原因になるそうです。

また、居酒屋などのメニューは味付けの濃いものが多いので、塩分の摂取量も増えてしまうそうです。

アルコールが腎臓に負担をかけるのが原因

飲酒が毎日の習慣になっている方は、アルコールを分解する腎臓に負担がかかり、腎機能が低下し、高血圧の原因になるそうです。

高血圧の人は飲酒を完全に止める必要はありませんが、摂取する量を控えめにすることが必要だそうです。また、週に二日程度は飲酒を止めて休肝日を作ることが大事だそうです。

飲酒で顔が赤くなる人は注意

sake2

飲酒をしてすぐ顔が赤くなる人は、高血圧になりやすいそうです。東アジア人の約半数は、アルコールを摂取すると顔が赤くなる「フラッシング」という減少が起こりやすい体質だそうです。

また、フラッシングはアルコールが分解される時に出来る、毒性の強いアセトアルデヒドが原因で起こるそうです。

また、飲酒を毎日することで、高血圧症だけではなく、心臓病、脳卒中、骨粗しょう症、認知症のリスクも上昇するそうなので、顔がすぐに赤くなってしまう体質の人は、特にお酒の飲みすぎに注意する必要があるそうです。

まとめ

アルコールは適量であれば、血圧を下げる効果があるようですが、過度に摂取すると高血圧の原因になるようですね。

また、お酒を飲んですぐ顔が赤くなる人がいますが、そういう体質の人は特に血圧が上昇しやすいようなので、飲みすぎには注意が必要ですね。

管理人もお酒が好きなので、毎晩、晩酌をしていますが、これからは週に2日程度は休肝日をもうけて肝臓を休ませたいと思います。

おすすめ記事
↓↓↓

高血圧を下げるカリウムの一日の摂取量は?バナナが最適な理由

風邪で熱が下がらない時の5つの対処法!太い血管の部分を冷やす

風邪の症状で咳が長引く時の6つの病気,結核の場合も

風邪の時の鼻水を止める4つの方法!鼻水に効くツボを押さえる

鼻血が止まらない時の4つの病気と鼻血の止め方!高血圧の場合も

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ