消化に良い食べ物で風邪を引いた時の6品とは?煮込みうどんが良い?

消化良い食べ物風邪を引いた時の6品を紹介しています。おかゆ、煮込みうどん、生姜入り味噌汁、魚類、大根、じゃがいもスープの6品が消化がいいそうです。また、それぞれの理由についても説明しています。コシのある麺よりも、じっくり煮込んだ煮込みうどんの方が消化にいいそうです。

スポンサーリンク

風邪をひいた時の食べ物で消化が良いのは?

kaze

  • おかゆ
  • 煮込みうどん
  • 生姜入り味噌汁
  • 魚類
  • 大根
  • じゃがいもスープ

おかゆ

okayu

おかゆはサラサラなので、そのまま飲み込んでしまうと消化に悪いので、ちゃんと噛んで食べるようにしましょう。

うどん

udon

うどんは、普通の麺類と比べると、小麦、塩、水だけで作られていて、消化はいいそうです。風邪の時のうどんの調理方法は、コシのある麺よりも、じっくり煮込んだ煮込みうどんの方がいいそうです。

一方で、うどんは消化が悪いという意見もありますが、これは、うどんをあまり噛まずに食べた場合で、ちゃんと噛んで食べればおかゆよりも消化がいいそうです。

スポンサーリンク

生姜入り味噌汁

misosiru

味噌汁に生姜をたっぷり入れると、体も温まりいいそうです。また、風邪だけではなく、二日酔いにも効くそうです。

生姜入り味噌汁の作り方

1.お椀に味噌を入れる。
2.白だしを少し入れる。
3.生姜のすりおろしをたっぷり入れる。
4.ネギを入れる。
5.お湯をそそぐ。

魚類

gyorui

魚類にはタンパク質が豊富にあり、細菌感染で壊れた組織を元に戻す働きがあるそうです。肉にもタンパク質がありますが、消化しにくいため、魚類の方がいいそうです。

大根

daikon

大根は、冷え切った体を内側から温める作用があるそうです。風邪に効く食べ物として昔から知られていて、どの部位にもビタミンCがたっぷり入っているそうです。

最近では風邪だけではなく、ガン対策にも効果があることが分かって注目されているそうです。

じゃがいもスープ

zyagaimo

じゃがいもスープは、風邪の予防対策に効果的なビタミンCを手軽に摂ることができるそうです。じゃがいもに含まれているビタミンCはでんぷん質で覆われているため、壊れ難いそうです。このため、加熱調理してもビタミンCが効率よく摂れ、カリウムも豊富に含まれているので、むくみも取れるそうです。

じゃがいもスープの作り方

1.たまねぎとじゃがいもの皮をむき、薄切りにする。
2.鍋にバターを熱し、たまねぎを炒め、透き通ってきたら、じゃがいもを入れ、焦がさないように炒め合わせる。
3.水を加え蓋をして、弱火で煮込む。このとき、じゃがいもの原型がほぼ無くなるまで煮込み、仕上げに塩コショウで味を調える。
4.牛乳を2/3加え、沸騰直前まで煮た後、荒熱をとりミキサーにかけ、冷蔵庫で冷やす。
5.食べる直前に残りの牛乳を入れ、良く混ぜ合わせて、塩で味を調える。最期に温めることが重要だそうです。

まとめ

ちなみに管理人が、風邪の時に必ず食べるのは、北海道クリームシチューです。圧力鍋で調理すると、ガス代の節約になるので、おすすめです。

これらの食品を摂り体力をつけて、早く風邪を治したいですね。

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ