風邪の症状で咳が長引く時の6つの病気は?結核が若い人に増加中?

風邪の症状で咳が長引く時の6つの病気について説明しています。結核、マイコプラズマ感染症、成人百日咳、ライノウイルス、RSウイルス、インフルエンザのそれぞれ6つの病気の症状と治療法を説明しています。結核の場合は、病院に通院して薬を約6ヶ月~1年程度、服用するそうです。

スポンサーリンク

  • 結核の場合
  • マイコプラズマ感染症の場合
  • 成人百日咳の場合
  • ライノウイルスの場合
  • RSウイルスの場合
  • インフルエンザの場合

結核の場合

seki

結核の場合は、昔の病気というイメージがありますが、咳が長引くのが特徴で、最近は年齢の若い人に結核が増えているそうです。

症状は、痰の絡む咳が3週間以上続く場合や、湿った感じの咳が出て、血痰が出る場合があるそうです。

また、感染しても直ぐには発症せずに、20~30年後の高齢になってから発病する場合もあるそうです。

結核の治療法

結核の治療法の多くは、薬物療法で、3~4種類の薬を併用して服用するそうです。

また、薬の服用期間は、病状にもよりますが、約6ヶ月~1年程度で、多くは通院で治療するそうです。

マイコプラズマ感染症の場合

マイコプラズマ感染症の場合は、学校や家庭などで、咳やくしゃみなどにより飛び散る病原体の飛沫感染によって起こるそうです。

また、潜伏期間は2~3週間後に発症し、特徴的な症状は頑固な咳が長引くことだそうです。

そして、適切な治療をしないと、最期には肺炎を起こしてマイコプラズマ肺炎になり、入院する場合もあるそうです。

マイコプラズマ感染症の治療法

マイコプラズマ感染症の治療法は、一部の効果がある抗生物質により治療しますが、マイコプラズマ感染症の治療に効かない耐性菌が増えてきているそうです。

また、重症化した場合は、入院して専門的な治療が行われるそうです。

成人百日咳の場合

成人百日咳の場合は、子供の病気というイメージがあったそうですが、最近は成人した大人に増えてきているそうです。

しかし、大人が成人百日咳にかかっても、咳が長引く程度で、重症化する例が少ないそうです。

しかし、成人百日咳は、感染力が強力なため、感染した人の咳から次々に感染し、学校や職場などで集団感染も起きているそうです。

成人百日咳の治療法

成人百日咳の治療法は、抗生物質を服用して、菌を死滅させるそうです。また、服用開始から1週間程度で、成人百日咳の感染力はなくなりますが、菌が完全に死滅するには、約2週間程度の継続服用が必要だそうです。

なので、咳が止まってと思っても、自己判断で薬の服用を止めずに、医師の指示に従いましょう。

ライノウイルスの場合

ライノウイルスの場合は、大人の風邪の原因の約半分位を占める風邪ウイルスだそうです。また、ライノウイルスは、年間を通して発症しますが、季節の変わり目の春と秋に多いそうです。

ライノウイルスの治療法

ライノウイルスの治療法は、ウイルスの種類が多いため、治療法はないそうです。なので、ライノウイルスに感染したら、風邪の症状を和らげる薬を服用すると良いそうです。

また、ライノウイルスに感染すると、気道が炎症を起こし、2次的なウイルス感染を引き起こす場合もあるそうですが、その場合には抗生物質が使用されるそうです。

スポンサーリンク

RSウイルスの場合

RSウイルスの場合は、気管支に炎症が起こるために、激しい咳が出るのが特徴だそうです。

また、喘息のような苦しい咳が続く場合もあり、呼吸ができないほどの咳が出るようなら、RSウイルスの可能性があるので、早めに病院で受診を受けた方が良いそうです。

RSウイルスの治療法

RSウイルスの治療法は、対処療法が主流で、発熱がある場合は、解熱剤を使うそうです。

また、喘息の症状が出た場合は、気管支拡張薬などを使い、脱水気味になると、痰を吐き出すことが困難になるため、水分補給が需要だそうです。

そして、細菌感染などの合併症が出た場合は、抗生物質が使用されるそうです。

インフルエンザの場合

seki5

インフルエンザウイルスの場合は、喉や気管支が過敏になっていて咳が長引くことが多いそうです

。乾いた咳が出る場合は、咳喘息の場合が多いそうですが、ゼーゼーとなる咳は、気管支炎になっている場合があるので、市販薬ではなく、病院の診察を受けた方が良いそうです。

インフルエンザの治療法

インフルエンザの治療法は、一般療法と、薬物療法があり、一般療法では安静にして、睡眠を十分に取り、高熱による脱水症状を防ぐために、水分補給をしっかり摂ることが大事だそうです。

また、薬物療法は、インフルエンザウイルスの増殖スピードが速いために、症状が出てから、48時間以内に、抗インフルエンザウイルス薬を服用する必要があるそうです。

まとめ

咳が長引く場合の病気の可能性は、結核の疑いがあるようですね。最近は若い人にも結核にかかる人が増えているそうなので、注意が必要ですね。

また、結核の怖いところは、感染しても直ぐには発症せずに、高齢になった20~30年後に発症する場合があることですね。

スポンサーリンク



このページの先頭へ