風邪で熱が下がらない時は動脈を冷やすと良いの?5つの対処法とは?

風邪下がらない時の5つの対処法を説明しています。まず、首の横や足の付け根を冷やして、発熱に効く食べ物や飲み物を摂るといいそうです。そして、汗をかいて熱を下げたり、座薬を入れて熱を下げる方法もあります。最後に、ツボを押して熱を下げる方法を紹介しています。

スポンサーリンク

  • 首の横や足の付け根を冷やす
  • 発熱に効く食べ物や飲み物を摂る
  • 汗をかいて熱を下げる
  • 座薬を入れて熱を下げる
  • ツボを押して熱を下げる

首の横や足の付け根を冷やす

保冷剤や冷えピタなどで、首の横の頚動脈や脇や足の付け根の太い血管のある部分を冷やすと良いそうです。

汗をかいて熱を下げる

熱は、皮膚の表面の汗が蒸発する時にいっしょに下がっていくそうです。なので身体を温めて汗をたくさんかくことが大事だそうです。

発熱に効く食べ物や飲み物を摂る

発熱時には、身体の水分が不足するので、常温の水を飲むと良いそうです。そして、魚や肉は消化が悪いので、ビタミンの豊富なトマトやキュウリに少量の塩をかけて食べると良いそうです。

また、発汗作用のある生姜湯や身体を温める効果があるくず湯も良いそうです。

座薬を入れて熱を下げる

座薬は直接、体内の粘膜質で溶けるので、飲み薬の解熱剤よりも格段に身体に吸収されるのが速く効果があるそうです。

ただし、座薬を入れると大量の汗が出るそうなので、水分補給をこまめに摂りながら、着替えも頻繁にすると良いそうです。そして、一晩ぐっすり睡眠をとると熱が下がることが多いそうです。

ツボを押して熱を下げる

解熱に効果がある、関衝(かんしょう)、合谷(ごうこく)などのツボを押すと効果があるそうです。

スポンサーリンク

関衝(かんしょう)

kansyou

関衝は、薬指の爪のきわにあり、解熱作用の他にも頭痛、目の充血、のどの腫れにも効果があるそうです。

合谷(ごうこく)

goukoku

合谷は、人差し指と親指の骨が合流している所から少し人差し指側にあり、逆の手で小さく円をかくように押すと良いそうです。また、合谷は発熱やストレスなどにも効く万能ツボだそうです。

まとめ

風邪で熱が下がらない時の対処法は、まず、首の横の頚動脈や脇や足の付け根の太い血管が通っている部分を保冷剤などで冷やすことで効果があるようですね。

そして、身体を温めてたくさん汗をかいた後に、ビタミンの豊富な果物を食べることで、体力も戻り熱も下がるようです。

また、熱を下げるツボを押すことも場所を覚えれば簡単にできるので、熱が下がらない時は試したいですね。

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ