乾燥肌のかゆみの3つの原因と対策!入浴はぬる目の温度にする

乾燥肌のかゆみの3つの原因と対策を説明しています。まず、冬の寒さが原因の場合を説明し、次に、入浴や生活習慣の乱れが原因の場合を説明しています。最後に、乾燥肌の対策を説明しています。入浴後は、保湿クリームを塗ったり、加湿器を使用すると良いようです。また、入浴はぬる目の温度にすることが大事だそうです。

スポンサーリンク

  • 冬の寒さが原因の場合
  • 入浴が原因の場合
  • 生活習慣の乱れが原因の場合
  • 乾燥肌の対策

冬の寒さが原因の場合

kansouhada

冬の寒さが原因の場合は、気温が低くなることにより、血行が悪くなり、肌の細胞に栄養が届き難くなるそうです。

そして、冬で空気が乾燥し、エアコンの暖房でも室内が乾燥するために、肌が水分不足になり、かゆみの症状が起こるそうです。

スポンサーリンク

入浴が原因の場合

入浴が原因の場合は、冬になると、入浴時間が長時間になり、お湯の温度も高めに設定してしまうことで、肌の皮脂膜が少なくなり、乾燥肌の原因になるそうです。

また、体を洗うときに、強く擦りすぎることも、肌の角質が剥がれるので、かゆみの原因になるそうです。

生活習慣の乱れが原因の場合

生活習慣の乱れが原因の場合は、睡眠不足食生活のバランスが崩れ、ストレスが溜まることで、肌が荒れたり、乾燥肌の原因になるそうです。

乾燥肌の対策

乾燥肌の対策は、入浴時の対策、加湿クリームを塗る、加湿器を使用するなどの方法があるそうです。

入浴時の対策

乾燥肌の対策は、入浴時は熱いお湯に入らず、ぬる目の温度のお湯に入るのが良いそうです。

また、体を洗う時は、アミノ酸系のボディーソープを使用し、スキンケアタイプの入浴剤を湯船に入れると保湿効果が上がるそうです。

保湿クリームを塗る

入浴後、直ぐに保湿クリームを塗り、肌に潤いを与えることも大切だそうです。

加湿器を使用する

kasituki

加湿器を使用することで、部屋の湿度を一定に保ちながら、温度を上昇させることができるので、乾燥肌を予防することができるそうです。

エアコンなどの暖房器具を使用した場合は、部屋の湿度は低いまま、温度だけが上がってしまうので、部屋の空気が乾燥して乾燥肌の原因になるので、注意が必要だそうです。

まとめ

乾燥肌の原因は、冬の寒さで、血行が悪くなり、肌に十分な栄養がいかなくなることが原因のようですね。

また、入浴時に熱い湯船に長時間、入っていることも肌の皮脂膜が少なくり、乾燥肌の原因になるようなので、ぬる目の温度にして入ることが大事なようですね。

乾燥肌の対策はやはり、加湿器を使用することが乾燥肌の予防に良いようですね。管理人も乾燥肌なので、寒くなる12月~2月くらいの時期は肌のかゆみに苦労しています。

やはり、入浴後の保湿クリームはかかせませんね。ちなみに、管理人の使用している保湿クリームは、かゆみ止めのムヒソフトですが、肌になじんで良く伸びて、塗りごごちも良いのでおすすめです。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ