髪の乾かし方の6つのコツ!髪がはねないように乾かす方法は?

髪の乾かし方の6つのコツを紹介しています。まず、髪を濡れたままにしないことが大事です。次に、髪をトリートメントなどの保護剤で守ったり、乾きにくい内側から外側に向け乾かすようにしましょう。そして、ドライヤーをたえず動かしながら乾かしたり、ドライヤーの冷風を仕上げに使うことも大事です。

  • 髪を濡れたままにしない
  • 髪をトリートメントなどの保護剤で守る
  • 髪を乾きにくい内側から外側に向け乾かす
  • ドライヤーをたえず動かしながら乾かす
  • ドライヤーの冷風を仕上げに使う
  • 髪が濡れた状態で寝ない

髪を濡れたままにしない

taorudorai

髪を濡れたままにすると、水分が蒸発する時に髪の熱が奪われてしまい、頭皮の温度が下がるので、血行が悪くなるそうです。

なので、タオルドライをしっかりした後は、なるべく早く髪を乾かすことが大事だそうです。また、髪を濡れたままにしておくと、髪の癖が出てしまい、そこから乾かしても癖が戻り難いそうです。濡れたまま放置すると、雑菌も増殖しやすいので、注意が必要です。

スポンサーリンク

髪をトリートメントなどの保護剤で守る

洗い流さないトリートメントなどの髪の保護剤をつけて、ドライヤーの熱から髪を守ることも大事だそうです。

ドライヤーの熱を当てると、髪の水分が抜けて、ぱさつきの原因にもなるので、ドライヤーの前には保護剤をつけると良いそうです。

髪を乾きにくい内側から外側に向けて乾かす

髪は乾きにくい内側から外側に向けて乾かすと良いそうです。まず、髪の下に手を入れて、髪の根元にドライヤーの温風が当たるようにして、ドライヤーを動かしながら、髪の内側に温風を送り、頭皮に近い髪から乾かすと良いそうです。

また、毛先は直ぐに乾きやすいため、ドライヤーの温風を直接当てると痛みやすいので注意が必要です。

ドライヤーをたえず動かしながら乾かす

ドライヤーの温風を一箇所に集中して当てると、髪の水分が必要以上に蒸発して、髪を傷めてしまうので、注意が必要です。

また、ドライヤーは髪から20センチ程度はなして、ドライヤーをたえず動かしがら乾かすことが大事だそうです。

ドライヤーの冷風を仕上げに使う

reifu

髪がある程度乾いてきたら、最期にドライヤーの冷風を当てて仕上げると良いそうです。髪は温度が冷える時に形状されるので、冷風を当てるときに、髪の流れをつけたり、毛先に動きをつけると良いそうです。

また、最期に冷風で仕上げることで、髪のキューティクルが伸縮し、髪にサラサラのツヤが出るそうです。

人気のドライヤーはこちら
↓↓↓

髪が濡れた状態で寝ない

髪が濡れたままの状態で寝ると、雑菌が増殖し、頭皮のかゆみや臭いの原因になるので、しっかり乾燥させてから寝るようにしましょう。

また、髪が濡れたままの状態だと、キューティクルが開いたままなので、余計にダメージを受けるそうです。なので、しっかりタオルドライをし、髪の水分を吸収した後でドライヤーを使うことが大事だそうです。

まとめ

髪がはねないように乾かす方法は、髪を濡れたままにせずに、タオルドライをしっかりして、素早く乾かすことが大事ですね。

また、髪が濡れたままの状態で寝ると、雑菌が増殖し、キューティクルもダメージを受けてしまうので、しっかりタオルドライをして髪の水分を吸収した後で、ドライヤーを使い髪が完全に乾いた後で寝るようにしたいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

髪を洗う1日の回数は何回がベスト?洗いすぎは抜け毛の原因!

頭がかゆい時の原因はストレス?5つの病気の可能性も

物忘れがひどい時の7つの病気の可能性とは?若年性健忘症かも?

白髪を抜くとハゲるの?白髪が増える6つの原因

物忘れがひどい時の7つの病気の可能性とは?若年性健忘症かも?

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ