髪の洗い方でサラサラにする6つの方法!夜のシャンプーが大事!

洗い方サラサラにする6つの方法を説明しています。まず、シャンプーは1日の最後の夜にするといいそうです。そして、シャンプーはしっかりすすぐようにし、トリートメントは毛先中心につけるようにしましょう。また、ドライヤーで髪をサラサラにしたり、ブラッシングで髪をサラサラにする方法も説明しています。

  • シャンプーは1日の最後の夜にする
  • シャンプーはしっかりすすぐ
  • トリートメントは毛先中心につける
  • ドライヤーで髪をサラサラにする
  • ブラッシングで髪をサラサラにする
  • 食事で髪をサラサラにする

シャンプーは1日の最後の夜にをする

syanpuu

日中に頭皮についた、ホコリ、垢などの汚れは、シャンプーで1日の最後の夜に落とすのが基本だそうです。特に湿気の多い梅雨や汗ばむ夏などは、念入りにシャンプーをすることが大事だそうです。

また、髪は夜寝ている間に育つので、朝シャンをすると髪にダメージを与えて悪影響だそうです。夜にしっかりシャンプーして汚れを落とすことがサラサラな髪になる基本だそうです。

スポンサーリンク

シャンプーはしっかりすすぐ

シャンプーをたくさんつけると、髪の汚れが落ちやすいと思いがちですが、水ですすぐ時に汚れが一番落ちるため、しっかり水ですすぐことが大事だそうです。

また、シャンプー前には、水で髪を濡らすというよりも、水で汚れを洗い流すという感じが良いそうです。

トリートメントは毛先中心につける

トリートメントのやり方は、できるだけ毛先中心につけるようにして、頭皮にはつけないことが基本だそうです。

また、トリートメントのすすぎ残しも、毛穴のつまり、べたつきの原因になるので、しっかりすすぐことが大事だそうです。

ドライヤーでサラサラにする

ドライヤーを使う前にしっかりタオルドライをし、余計な髪の水分を拭きとっておきます。そして、遠くから低温の温風をゆっくりと当てるようにします。

この時にドライヤー細かく動かしながら乾かすのが重要だそうです。乾かし加減は、髪の毛が完全に乾ききってしまわない程度で、余計な水分が残らなければ良いそうです。

ブラッシングで髪をサラサラにする

burasing

ブラッシングは、絡まっている髪に無理やりくしを通さずに、毛先からとかしていくのが基本だそうです。

根元から強引に髪をとかすと、毛穴に負担がかかり、切れ毛の原因にもなり、弱い髪質になってしまうそうです。

そして、髪をとかす順番は、前、横、後の順にすることで、頭皮の血行も良くなるそうです。

食事で髪をサラサラにする

tanpakusitu

美しい髪を作るためには、良質なタンパク質を摂ると良いそうです。魚類、肉類、卵、大豆製品にはタンパク質が多く含まれているので、毎日必ず摂るようにすると良いそうです。

また、牛乳やヨーグルトなどの乳製品も毎日摂るように心がけましょう。

髪をさらさらにする人気のシャンプーはこちら
↓↓↓

まとめ

髪をさらさらにする方法は、シャンプーを1日の最後の夜にして、髪や頭皮についた汚れをしっかり落とすことが基本なようですね。

また、綺麗なツヤのある美しい髪を作るには、良質なタンパク質やヨーグルトなどの乳製品を毎日摂ることが大事ですね。

おすすめ記事
↓↓↓

髪の乾かし方の6つのコツ!髪がはねないように乾かす方法は?

髪を洗う1日の回数は何回がベスト?洗いすぎは抜け毛の原因!

頭がかゆい時の原因はストレス?5つの病気の可能性も

白髪を抜くとハゲるの?白髪が増える6つの原因

怒りをコントロールできない時の3つの病気,非定型うつ病とは?

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ