花粉症の初期症状で目の3つの症状は?花粉が目に入るのを防ぐ方法!

花粉症初期症状の3つの症状について説明しています。花粉症の初期症状は、目やまぶたに炎症が起きてかゆくなったり、目が充血するのは季節性アレルギー性結膜炎の場合もあり、花粉を外に出そうとして涙が止まらなくなることもあるそうです。そして、花粉症による目の症状の対策も説明しています。

  • 目やまぶたに炎症が起きてかゆくなる
  • 目が充血するのは季節性アレルギー性結膜炎の場合も
  • 花粉を外に出そうとして涙が止まらなくなる
  • 花粉症による目の症状の対策

目やまぶたに炎症が起きてかゆくなる

kayui

花粉症になると目やまぶたに炎症が起きてかゆみが出るそうです。これは花粉症の目の症状で一番多く、目を強く擦ったりすることで結膜や角膜に傷をつける危険があり、かゆみも増す場合もあるので注意が必要だそうです。

スポンサーリンク

目が充血するのは季節性アレルギー性結膜炎の場合も

花粉症などのある季節に限定して目が充血する場合は、季節性アレルギー性結膜炎にかかっている場合があるそうです。また、日本ではスギやヒノキの花粉が主な原因になっていて、患者数は男性よりも女性に多いそうです。

花粉を体外に出そうとして涙が止まらなくなる

花粉が目に入るとアレルギー反応を起こして花粉を体外に出そうとするために涙が止まらなくなるそうです。また、コンタクトレンズを使用している人は、花粉が体外に流れ難いためメガネや使い捨てコンタクトに替えるなど検討した方が良いそうです。

花粉症による目の症状の対策

megusuri

花粉症による目の症状の対策は、花粉が目に入り難くすることが大事だそうでです。そのためには、帰宅後は必ず洗顔をし目の花粉を洗い流したり、花粉症専用のメガネを使用したり、使い捨てコンタクトレンズに替えたりすることで目に花粉が入るのを防ぐと良いそうです。

人気の花粉専用メガネはこちら
↓↓↓

また、目薬を使用すると眼球についた花粉を洗い流すと同時に目に潤いを与える効果もあるので良いそうです。ですが、妊娠中の場合に市販の目薬を使う場合は、主治医に確認する必要があり、眼科に行く場合も妊娠中だということを伝える必要があるそうです。

まとめ

花粉症による目の初期症は、目のかゆみ、充血、涙が止まらなくなるという3つの症状が多いようですね。そして、これらの目の症状の対策は、目に花粉が入るのを防ぐことが重要なようですね。

なので、花粉の飛散する日中の時間帯は外出を避けるのが一番良い方法ですが、どうしても外出する場合は、しっかり花粉対策をして花粉が目に入らないように気をつけたいですね。

それと、妊娠中に市販の目薬を使う場合は、主治医と眼科の医師に必ず伝える必要があるようなので注意したいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

花粉症と風邪の鼻水の症状の3つの違いは?加湿空気清浄機が効果的!

花粉症による頭痛や吐き気を防ぐ方法は?睡眠と免疫力の関係は?

花粉症でくしゃみや鼻水を簡単に止める方法!ツボを押すと効果的?

花粉症で目がかゆい時は冷やすと良いの?冷やしすぎは逆効果?

花粉症の鼻うがいで中耳炎になる?生理食塩水を飲み込むと危険?

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ