花粉症の時期に洗濯物を干す時の5つの対策!柔軟剤で静電気を抑える

花粉症の時期に洗濯物を干す時の5つの対策について説明しています。花粉が飛散する時間帯を避けたり、洗濯物を長時間干さないようにし、布団を干した後は掃除機で花粉を吸い取るようにし、静電気防止スプレーを使うと良いそうです。また、柔軟剤で衣類の静電気を抑えることも出来るそうです。

  • 花粉が飛散する時間帯を避ける
  • 洗濯物を長時間干さない
  • 布団を干した後は掃除機で花粉を吸い取る
  • 静電気防止スプレーを使う
  • 柔軟剤で衣類の静電気を抑える

花粉が飛散するピークの時間帯を避ける

kafun

花粉が飛散するピークの時間帯は午前中から昼過ぎの11~14時と夕方から夜の17~19時だそうです。

なので、洗濯物を干すのは、この時間帯を避けて、夜から早朝に干すのが良いそうです。

スポンサーリンク

洗濯物を長時間外に干さない

sentakumono

洗濯物を干す時間が長いほど、花粉が洗濯物に付着する量も増えるので、乾いたら直ぐに取り込んだ方が良いそうです。

なので、乾燥機で洗濯物を半乾きにすると外に干す時間を短縮できて良いそうです。

布団を干した後は掃除機で花粉を吸い取る

souziki

布団を外に干すと大量の花粉が付着してしまうので、掃除機でしっかり花粉を吸い取ると良いそうです。

また、布団干し用のカバーで布団を覆うことでも花粉の付着を抑える効果があるそうです。

しかし、布団叩きを使用すると、花粉が布団の奥に入り込んでしまうため、使わない方が良いそうです。

静電気防止スプレーを使う

seidenkibousi

静電気防止スプレーを使用すると衣類の表面にはほとんど花粉が付着しないそうです。

なので洗濯物以外にも外出する時には小さいタイプの静電気防止スプレーを携帯すると、その場で瞬時に効果が得られるので便利だそうです。

柔軟剤で衣類の静電気を抑える

zyunanzai

洗濯物に花粉が付着する原因は衣類の静電気が原因だそうです。この静電気を抑えるには、柔軟剤を洗濯物の仕上げに使うと良いそうです。

人気の布団クリーナーはこちら
↓↓↓

まとめ

花粉症の時期に洗濯物を干すのは室内干しが良いですが、外に干してしっかり乾かしたいときは、洗濯物の仕上げに柔軟剤を使用すると花粉が付着する原因の静電気の発生を抑える効果があるようなので毎回、洗濯物の仕上げには柔軟剤を使うようにしたいですね。

他にも静電気防止スプレーを使う方法もありますが、この柔軟剤を使う方法が一番簡単で手軽にできるので良いですね。

また、布団を干した時の注意点として、布団叩きを使うと逆に花粉が布団の奥に入り込んでしまうので、使うのは止めた方が良いですね。

おすすめ記事
↓↓↓

花粉症でくしゃみや鼻水を簡単に止める方法!ツボを押すと効果的?

花粉症の症状でのどが痛い時の3つの原因と対処法!加湿器を使う

花粉症のレーザー治療の効果と期間は?治療で気をつけることは?

花粉症の空気清浄機の効果は?3つのタイプと効果的な置き場所

空気清浄機の電気代は高いの?節電方法と使い方の2つのコツ!

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ