花粉症と風邪の鼻水の症状の3つの違いは?加湿空気清浄機が効果的!

花粉症風邪鼻水の症状の3つの違いについて説明しています。花粉症の鼻水は透明でサラサラで、鼻をかんでもスッキリせず、鼻水が喉に流れると炎症を起こすそうです。なので、就寝時には加湿器を使い湿度を上げると効果があるそうです。

  • 花粉症の鼻水は透明でサラサラ
  • 花粉症は鼻をかんでもスッキリしない
  • 花粉症の鼻水が喉に流れると炎症を起こす
  • 就寝時には加湿器を使い湿度を上げる

花粉症の鼻水は透明でサラサラ

hanamizu

風邪の場合の鼻水は、色が黄色っぽく粘りがあるのが特徴的で、花粉症の鼻水は透明でサラサラしているため、気が付いたら鼻の奥から流れてきてティシュを取る間もないほどだそうです。

スポンサーリンク

花粉症は鼻をかんでもスッキリしない

hanakamu

風邪の鼻づまり場合は鼻をかむことで鼻水が出てスッキリ感がありますが、花粉症の鼻づまりの場合は、鼻をかんで鼻水を出しても鼻の奥が炎症を起こし、副鼻腔炎という病気になっている可能性もあり、その場合はスッキリ感がしないそうです。

花粉症の鼻水が喉に流れると炎症を起こす

hanamizu2

花粉症で鼻づまりになると、口呼吸になるため、どうしても口の中が乾いてしまうそうです。すると、花粉症の特徴の水っぽいサラサラな鼻水が喉に流れ込む原因になり、喉が炎症を起こして痛みを感じてしまうそうです。

なので、外出時には鼻と口を覆い隠すことのできるマスクをして、花や口からの花粉の侵入を防ぐことや帰宅後にも洗顔やうがいをして花粉を洗い流すことが大事だそうです。

また、就寝時にも口を開けて寝てしまい口呼吸になる場合があるので、マスクをしたまま寝ることで喉の乾燥を防ぐ効果があるそうです。

就寝時には加湿器を使い湿度を上げる

kasituki

夜の就寝時に加湿器を使い部屋の湿度を一定に保つことで喉の乾燥を防ぎ、部屋に浮遊している花粉も床に落としてくれるそうです。

また、加湿器が家に無い場合は、お湯を沸かして蓋をせずに室内に置いておくだけでも、ある程度の湿度を保つことができるそうです。

最近は、加湿器と空気清浄機が一体型となった加湿空気清浄機が人気があるそうです。

人気の加湿空気清浄機はこちら
↓↓↓

まとめ

花粉症と風邪の鼻水の違いは、風邪の場合の鼻水は、色も黄色がかり粘りがあるのが特徴で、花粉症の場合の鼻水は色も透明でサラサラしているのが特徴のようですね。

また、加湿器と空気清浄機が一体型になっている加湿空気清浄機があると、部屋の湿度を一定に保ちながら花粉、ダニ、ホコリなどのハウスダストも同時に対処できるので、花粉症の季節には、加湿空気清浄機があると便利ですね。

おすすめ記事
↓↓↓

花粉症の初期症状で目の3つの症状は?花粉が目に入るのを防ぐ方法!

花粉症の空気清浄機の効果は?3つのタイプと効果的な置き場所

空気清浄機の電気代は高いの?節電方法と使い方の2つのコツ!

花粉症でくしゃみや鼻水を簡単に止める方法!ツボを押すと効果的?

花粉症で目がかゆい時は冷やすと良いの?冷やしすぎは逆効果?

スポンサーリンク



このページの先頭へ