怒りやすい人はストレスが溜まり病気になる?心臓病のリスクも?

怒りやすい人はストレスが溜まり病気になるのかどうか説明しています。怒りやすい人ほど心臓発作や心筋梗塞などの心臓病になるリスクが怒り難い人と比べて約5倍ほど高い傾向にあるそうです。また、怒りによるストレスを解消する方法についても紹介しています。大量のアルコールやカフェインの摂りすぎは睡眠障害を引き起こします。

スポンサーリンク

  • 怒りやすい人は心臓病のリスクが高い
  • 怒りによるストレスを解消する方法は?

怒りやすい人は心臓病のリスクが高い

ikari

怒りやすい人は心臓発作や心筋梗塞などの心臓病を起こすリスクが約5倍ほど高いそうです。

また、一度心臓発作を起こした人は、再度心臓発作を起こす可能性が高いそうですが、激しく怒った後では心臓発作を起こしたことの無い人、有る人、両方で心臓発作を起こす確率が高いことが分かっているそうです。

怒りによるストレスを解消する方法は?

心臓発作や心筋梗塞などの心臓病は、薬を服用することでリスクを下げることができますが、怒りの原因であるストレスを溜め込まないようにするには対策が必要だそうです。

家族や友人と会話を増やす

家族や友人と会話を増やすことで、喜びや悲しみを共有できストレスの解消になるそうです。なので、食事の時に会話をしたり、一人暮らしの場合は、友達に電話をするなどして楽しい人間関係を作ることが大事だそうです。

ウォーキングなど運動をする習慣をつける

ウォーキングなど運動をする習慣をつけると、体の緊張が取れてストレスも解消され、運動しない人と比べると、うつ病などが発症するリスクが下がることが分かっているそうです。

自分を否定しないで前向きに生きる

人生には学校や職場などでイジメや成績が上がらないなど、様々な辛いできごとに遭遇しますが、そんな時には自分を否定せずに、前向きな気持ちを持つことがストレスを溜めないためには大事だそうです。

面白いテレビや映画を見て笑うと血圧が下がる

テレビのお笑い番組などを見て笑うと血圧が下がることが分かっているそうです。なので、一人暮らしで家族と談笑する機会が少ない人などは面白いテレビや映画などを見るとストレス解消になるそうです。

スポンサーリンク

大量のアルコールやカフェインの摂りすぎに注意

sake

毎日大量のアルコールやカフェインを飲む人は余計にストレスが増加するそうです。夜寝るために大量のアルコールを飲んでも、アルコールには、夜中に目が覚めてしまう作用があるので睡眠障害のある人は病院の医師と相談した方がストレスを溜めずにすむそうです。

まとめ

怒りやすい人は、怒り難い人と比べると約5倍ほど心臓発作や心筋梗塞などの心臓病になるリスクが高まるようですね。

なので、家族や友人との会話を増やしたり、運動をする習慣をつけるなどして、ストレスを溜め込まないように気を付ける事が大事ですね。

おすすめ記事
↓↓↓

怒りを鎮める4つの方法は?自分と他人は考えが違うのは当たり前?

怒りをコントロールできない時の3つの病気,非定型うつ病とは?

抜け毛の対策に効果的な食べ物は?豆乳を牛乳の代わりに飲むと良い?

白髪の原因は仕事の3つのストレス?パワハラやセクハラが原因?

物忘れがひどい時の7つの病気の可能性とは?若年性健忘症かも?

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ