怒りを鎮める5つの方法とは?自分と他人は考えが違うのは当たり前?

怒り鎮める5つの方法を紹介しています。まず、相手の立場になって考え、自分に怒りの原因を問いかけることが重要です。そして、目をつぶり大きく深呼吸したり、相手から目線をそらし自分を俯瞰で見ることも大事です。結局、自分と他人とは考えは違うものと割り切ることが必要です。

スポンサーリンク

  • 相手の立場になって考える
  • 自分に怒りの原因を問いかける
  • 目をつぶり大きく深呼吸する
  • 相手から目線をそらし自分を俯瞰で見る
  • 自分と他人とは考えは違うものと割り切る

相手の立場になって考える

怒りは自分の勝手な思い込みの場合が多いそうです。なので、相手の立場になって考えて、何故この人はあんなことを言ったのかと冷静になると自分の怒りの原因も見えてきて対策も見つかるそうです。

自分に怒りの原因を問いかける

相手の立場になって考えたら次は自分自身に怒りの原因を問いかけてみると良いそうです。

そして、静かな場所で一人になり冷静に自分自身を見つめ直すと大抵の場合は自分に原因があったり怒るまでもない些細な場合が多いそうです。

目をつぶり大きく深呼吸する

sinkokyuu

親や友達との会話のすれ違いで怒りがこみ上げてきたら自分が精神的に疲れている場合があるそうです。

このような時は一人になれる静かな場所に行き目をつぶって大きく深呼吸をすることで、その場面を客観的に振り返ることができるそうです。

また、深呼吸と怒りの感情は同時には持てないため直ぐに冷静さを取り戻せるそうです。

スポンサーリンク

相手から視線をそらし自分を俯瞰で見る

会話中に怒りがこみ上げてきたら、そのまま相手の目を見続けて言い合うと余計に頭に血がこみ上げてくるそうです。

こんな時は相手の目から視線をそらし相手の胸を見つめることで自分を俯瞰で見れて自然と怒りが収まってくるそうです。

なので、会話中に感情的になり怒り過ぎたと感じたら相手の目から視線をそらし自分を俯瞰で見ると良いそうです。

自分と他人とは考え方は違うものと割り切る

tanin

どんなに仲が良い親、兄弟、友達、夫婦であっても結局は他人なので考えは違うのが当たり前だそうです。

なので自分は自分、人は人と思い割り切って考えると、たとえ自分と違う意見を言われても冷静になれるそうです。

そして、相手の意見をよく聞いて尊重することで喧嘩などのトラブルを避けられるそうです。

まとめ

どんなに仲の良い親子や友達でも所詮は他人と考えることで、たとえ意見が違っても冷静に相手の話を聞けるようですね。

そして自分の意見ばかりを主張せずに相手の話を良く聞いて尊重すると喧嘩やトラブルを回避できるようですね。

なので、怒りがこみ上げてきたら、まず冷静に相手の話を良く聞いて相手の立場になって考えることも大事ですね。

おすすめ記事
↓↓↓

怒りをコントロールできない時の3つの病気,非定型うつ病とは?

白髪の原因は仕事の3つのストレス?パワハラやセクハラが原因?

抜け毛が原因の脱毛症の7つの病気は?男性型脱毛症の場合も

白髪を抜くとハゲるの?白髪が増える6つの原因!毛根が傷つき危険?

物忘れがひどい時の7つの病気の可能性とは?若年性健忘症かも?

スポンサーリンク



このページの先頭へ