怒りをコントロールできない時の3つの病気,非定型うつ病とは?

怒りをコントロールできない時の3つの病気を説明しています。非定型うつ病、境界性人格障害、統合失調症の3つのそれぞれの症状と治療法を紹介しています。非定型うつ病の場合は、アンガーアタックと言われる怒りの発作が起こるそうです。しかし、周りの人はいっしょに興奮せずに冷静になることが必要だそうです。

スポンサーリンク

  • 非定型うつ病の場合
  • 境界性人格障害の場合
  • 統合失調症の場合

非定型うつ病の場合

donaru

非定型うつ病の場合は、相手を非難したり、大声で怒鳴ったり、物に八つ当たりするのが特徴だそうです。

しかし、これは非定型うつ病の症状なので周囲の人は、いっしょになって興奮せずに、冷静さを保つことが大事だそうです。

また、「アンガーアタック」といわれる「怒り発作」でキレた状態になり、手が付けられない状態になると、周りの人が混乱し、大騒ぎすることで、ますます刺激を与えてしまうそうです。

非定型うつ病の治療法

非定型うつ病の治療法は、患者さんが興奮している状態の時は、周りの人は冷静になることが大事だそうです。

いくら患者さんが理不尽な言動をしても反論などはせずに、やさしく話しを聞いてあげることが大事だそうです。

また、話を聞くタイミングは、患者さんが落ち着いてきた時に、客観的な意見で接し、時間はかかりますが、あせらずに冷静な態度で向き合うことが大事だそうです。

また、あまりにも怒りの行動が頻発する場合は、医師と相談しながら、感情調整薬や鎮静剤などを処方してもうらと良いそうです。

境界性人格障害の場合

境界性人格障害の場合は、20代の女性に多く、喜怒哀楽が激しく、感情のコントロールができなくなるのが特徴だそうです。

しかし、本人も感情のコントロールができないことを自覚していて、そんな自分がとても嫌に感じて自己嫌悪におちいるそうです。

境界性人格障害の治療法

境界性人格障害の原因は、「自分が見捨てられて一人になる不安」があるからだそうです。

なので、境界性人格障害の周囲にいる人は、見捨てていないということを分からせることが重要で、一定の距離を保って見守ることが大事だそうです。

また、境界性人格障害は時間はかかりますが、治る病気なので精神科の医師と相談しながら根気よく治療することが大事だそうです。

スポンサーリンク

統合失調症の場合

統合失調症の場合は、感情をコントロールする脳の機能のバランスが崩れることで起こるそうです。

平成14年から、これまで呼ばれていた「精神分裂病」から、「統合失調症」へと病名が変わったそうです。これは、精神分裂という病名が、精神が分裂しているから治らない病気と誤解を与えてしまうためで、社会から偏見の目で見られるという意見が患者や家族団体から長年に渡りうったえられていたからだそうです。

そして、現在では統合失調症は、治療薬の進歩で治療可能な病気になってきたそうです。

統合失調症の治療法

nou

統合失調症の原因は、まだ不明なところが多いそうですが、最近では、様々な原因が重なって統合失調症を発症することが分かってきたそうです。

脳の働きがストレスなどで不安定になり、脳内のドーパミン(神経伝達物質)が過剰に分泌されることで発症するということが有力な説だそうです。

なので、統合失調症の回復には、とにかく休養をとることが大切で、脳の働きを回復させ、できるだけストレスを減らすことが大事だそうです。

まとめ

怒りをコントロールできない場合の病気は、非定型うつ病の可能性があるようですね。

アンガーアタックと呼ばれる「怒り発作」の症状が出る場合は、周りの人はいっしょになって興奮せずに、冷静に対処し、患者さんの興奮がおさまって落ち着いた後に、優しく話を聞いてあげることが大事なようですね。

しかし、頻繁にアンガーアタックが見られる場合は、医師に相談し、鎮静剤を使用することも考えた方が良いようですね。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ