膝の痛みの場所は内側と外側どっち?治療法と予防法は?

痛み場所内側と外側どっちにあるのか、それぞれの治療法と予防法について説明しています。膝の内側が痛い場合は鵞足炎(がそくえん)の可能性がり、膝の外側が痛い場合は、ランナー膝の疑いがあるそうです。また、膝を痛めずに走るコツや、ひざの痛み緩和ストレッチ方法の動画を紹介しています。

スポンサーリンク

膝の内側が痛い場合

hiza2

膝の内側が痛い場合は、散歩やランニング、階段を上っているときに膝の内側から下にかけて痛みを感じたら、鵞足炎(がそくえん)の疑いがあるそうです。

一般的に鵞足炎は、サッカーや水泳などで膝の使いすぎが原因だと言われていますが、スポーツ以外でも、脚を組んでしまう癖がある人や、内股の人は鵞足炎になりやすいそうです。

鵞足炎の治療方法は?

鵞足炎の治療方法は、軽症の場合、膝を使う運動を控えて、安静にすることで、数週間で炎症は自然と治るそうです。

また、痛みが強い場合は、患部をアイシングで冷やしたり、シップをするなどして、炎症を抑えます。また、痛みがひいてきたら鵞足部の筋肉のストレッチやマッサージが効果があるようです。

鵞足炎の予防方法は?

鵞足炎の予防方法は、膝の使いすぎや、姿勢を改善することだそうです。ランニングや散歩などは、運動量を急に増やさず、自分に合ったペースでやりましょう。

また、疲労の蓄積を感じたら、十分な休養をとることが大事です。また、ランニングや散歩などは、アスファルトを避け、できるだけ土の地面で行うと良いそうです。そして、正しいランニングフォームやウォーキングフォームを作ることが重要です。

膝の外側が痛い場合

hiza3

膝の外側側が痛い場合は、ランニングや階段の下りで膝の外側に痛みを感じたら、腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)別名ランナー膝の疑いがあるそうです。陸上の長距離の選手に起こりやすく、膝の使いすぎが原因と言われています。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の治療方法は?

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の治療方法は、軽症の場合、膝を使う運動を中止し、安静にすることで自然と痛みは解消するそうです。

痛みが強い場合は、患部をアイシングで冷やしたり、シップや軟膏タイプや内服タイプの消炎鎮痛剤が効くそうです。また、テーピング、ストレッチ、マッサージなども行うそうです。

スポンサーリンク

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の予防方法は?

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の予防方法は、走る前の準備運動やストレッチなどを十分にすることが大事だそうです。

準備運動をすることにより、体も温まり、血行も良くなり、筋肉がほぐれて膝への衝撃吸収力も高まるそうです。

そして、ランニングの後も、ストレッチなどを入念にして、筋肉に疲労を残さないことが重要だそうです。

★人気の膝サポーターはこちら
↓↓↓

まとめ

管理人も最近、散歩中に急に膝の内側に痛みを感じ、階段を上るときにも痛みを感じるようになってしまいました。

もしかすりと、鵞足炎になりかけているのかも知れませんね。なので、しばらく散歩を止めて、安静にしたいと思います。

ランニングや散歩は自分のペースで無理をせずに、徐々に距離を伸ばした方がいいですね。本当は脚を組む癖も直したいですが、こればっかりは難しいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

足の指がつる時の5の原因と対処法!中年以降はつりやすい

足の甲のむくみの4つの原因と対処法!塩分や水分を摂り過ぎない

ウォーキングの時間と距離で大事なのは?ウォーキングのコツは?

こむら返りの原因で睡眠中になるのは何故?隠れた危険な病気とは?

四十肩と五十肩の違いは?3つの症状と治療法

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ