腰痛の時のストレッチは寝る前にするといいの?睡眠効果が上がる?

腰痛にはストレッチが効果がある事を紹介しています。まず、ストレッチを行うことで解消に向かう理由を説明し、寝る前にストレッチを行う方法や、注意点などを合わせて紹介しています。また、腰痛とはどのような状態から起こってしまうのかを解説し、身体の筋肉のこりが腰痛を引き起こしてしまう事例を紹介しています。そして

スポンサーリンク

寝る前のストレッチで気持ちよく疲れを取る

%e8%85%b0%e7%97%9b-%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81-%e5%af%9d%e3%82%8b%e5%89%8d2

寝る前のストレッチが肩や背中のこりを解消し、腰痛の悩みにも効果があることを証明するわけですが、基本的にこりという症状は現代では切っても切り離すことができない悩みとなっています。

特に会社員の方でデスクワークをしていると、長時間同じ姿勢を取り続けて仕事をしているわけですので、日中身体を動かさずに過ごしていることになります。

身体を動かさず、同じ姿勢でデスクワークなど目や肩を酷使する形になるので、どうしても肩こりや腰痛の原因になってしまうわけです。

ストレッチで睡眠効果を上げ腰痛を解消させる

睡眠は一日の疲れを取る大切な時間です。そして寝る時間帯に疲れを取るためには、身体の血液の循環がしっかりと行われていないと効果が半減してしまいます。

腰痛の症状は?

%e8%85%b0%e7%97%9b-%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81-%e5%af%9d%e3%82%8b%e5%89%8d1

腰痛にお悩みの方は少なくないと思います。特に立っているだけでも腰痛に悩んだり、立ったり座ったりを繰り返す事で腰に痛みが走ってしまい、痛みで仕事や勉強に集中できず、痛みの為に同じ姿勢を取ることが難しくて悩んでしまっている方も少なくありません。

腰痛は二足歩行で生活している人間独自の痛みだと言われています。他の自然に生きている動物には腰痛やリウマチなど、身体の痛みは無いと言われています。

スポンサーリンク

腰痛を引き起こす原因は2つ

腰痛はどういう原理で起こってしまうのでしょうか?腰が痛くなってしまう原因としては大きく二つに分かれており、一つ目は筋肉が硬直して起こるこりによる痛み、そして二つ目は背骨の神経を圧迫してしまって発生する痛みです。

特に筋肉がカチコチにこってしまって起こる痛みに関しては、寝る前にストレッチを行って筋肉をほぐすことによって痛みを緩和することが可能です。

肩や背中のこりが腰痛に繋がっている可能性は高いので、是非ともストレッチを実践してみてはいかがでしょうか?

寝る前にストレッチを行うことは、日中凝り固まった筋肉をほぐしてあげることにより、滞った血液やリンパ液などをスムーズに流す事によって、老廃物や疲労物質を体外に排出してあげる効果があります。

ベッドにはいって、身体を伸ばしたり足を軽くマッサージして曲げ伸ばしてやるこだけでも大丈夫です。

まとめ

寝る前にストレッチ、と聞くと運動前のストレッチを連想して寝つきが悪くなってしまうように思ってしまうかもしれませんが、始めは身体を気持ちいいと感じる程度に伸ばす所から始めましょう。

立ち仕事の方であれば足に疲労物質が溜まっている状態ですので、ふくらはぎやふとももを軽くマッサージするのも効果があります。

身体の筋肉を気持ちよくほぐしてあげる事により、体内の循環を良くしてやると自ずと腰痛も改善される形になります。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ