腰痛時に湿布を貼る適切な場所は?温湿布と冷湿布のどちらを選ぶ?

腰痛に悩み、湿布を貼る事を検討されている方へ、腰痛に対して湿布がどのような効果があるのかを紹介しています。まず湿布には様々な種類があることを説明し、腰痛の症状によって適切なものを選ぶ必要があることを解説しています。また腰痛に対して効果が高い湿布の貼り方もどのようにすればいいのか紹介しています。

スポンサーリンク

腰痛には温湿布と冷湿布のどちらを選ぶ?

%e8%85%b0%e7%97%9b-%e6%b9%bf%e5%b8%83-%e8%b2%bc%e3%82%8b%e5%a0%b4%e6%89%801

腰痛に悩んでしまって、湿布を張る事で腰痛を治そうと考えている方は多いかと思います。

そこで、今回は腰痛に悩んで湿布による医療法を考えている方に、どのように湿布を張れば効果的なのかを解説してゆきたいと思います。

まず、湿布には温湿布と冷湿布の二種類の湿布がありますが、腰痛の症状によってどちらか正しく使用しないといけません。腰痛の原因によって、温めればいいのか、冷やせばいいのか対処法が変わってくるからです。

慢性的な腰痛には温湿布が有効

腰痛がどのような状態なのかをまず確認しましょう。湿布をきちんと効果的に貼るにあたって、症状に適した湿布を選ぶことが重要になります。

慢性的に痛みが続いている腰痛の場合は、腰の周りの筋肉の血液の循環が滞っていたり、腰の筋肉が凝り固まっているから痛んでしまう場合があります。

その場合は温めて血液の流れを良くし、凝り固まった筋肉をほぐす必要があるため、温湿布を使うと良いでしょう。

スポンサーリンク

怪我が原因による腰痛には冷湿布が有効

腰を強打したり、ぎっくり腰になってしまって腰を痛めてしまったことによる腰痛に関しては、腰の筋肉が炎症を起こして腰痛を引き起こしている可能性が高いため、炎症を速やかに解消させる必要があります。

この場合は温めることよりも冷湿布を使って腰の炎症を鎮めるようにすると良いでしょう。

これまで腰痛に関しては基本的に温めて血行を促進すればよい、と言われてきましたが、炎症が原因による腰痛の場合は温める事により炎症が悪化する場合がありますので注意が必要です。

腰痛の効果的な湿布の貼り方は?

%e8%85%b0%e7%97%9b-%e7%97%85%e9%99%a2-%e9%81%b8%e3%81%b31

自分の腰痛の症状に適した湿布を選んだら、次はどのような場所に貼ればよいか、ですが、これは腰を軽く曲げると、腰痛がはっきりと自覚できるかと思われますので痛む部分に貼り付けるようにすると良いでしょう。

最近の湿布は痛み自体を取り除くように鎮痛消炎成分が含まれているものが増えていますので、痛む部分の上に貼り付けるようにするとより効果を発揮します。

まとめ

最近は腰痛の痛みを取り除く鎮痛効果や、炎症を取り除く消炎効果の高い成分を含んだ湿布が多く、ドラックストアでも気軽に購入できるようになっています。

薬局で腰痛の湿布の相談を行えば、大抵痛みに効果的な湿布を教えてもらう事が出来るでしょう。

また、湿布は腰痛に対して一時的な対処法としては有効ですが、自己判断で湿布のみで腰痛をやり過ごそうという考えはよくありません。腰痛が治まらない場合は早めに病院にて診療を受けましょう。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ