腰痛の原因で女性の骨盤が痛い場合は?右側の痛みに特に注意が必要!

女性によく起こる腰痛や、骨盤の痛みから始まるトラブルについて説明しています。まず女性の場合は腰痛の時腰の背中側が痛むのか、骨盤が痛むのかでトラブルを起こしている場所が違う事を説明し、それがどのようなトラブルであるのかを紹介しています、内臓や生殖器にトラブルを引き起こしている可能性もあります。

スポンサーリンク

女性にとって骨盤は大切な身体の一部

%e8%85%b0%e7%97%9b-%e5%8e%9f%e5%9b%a0-%e5%a5%b3%e6%80%a7-%e9%aa%a8%e7%9b%a42

骨盤とは身体の中心に位置し、特に女性の場合は赤ちゃんを育てるための大切な生殖器官や、内臓を中に収めて守る役割を担っています。腰痛のなかでも特に骨が痛むように感じる場合は骨盤に何か問題が起こっている可能性が高いです。

骨盤に痛みを感じる場合は、子宮、卵管、卵巣、膣を始めとした生殖器や膀胱、直腸、盲腸などの骨盤に収められている臓器に何かしら以上があるときに起こると考えられています。

スポンサーリンク

女性の場合は腰痛に特に注意を払う必要がある

骨盤の痛みは骨盤の内部の臓器が痛むことによって発生する場合と、腸や腎臓、尿管などが炎症を行して痛む消化器系の場合と、女性特有の婦人科系の異常による痛みとは分けられて考えられています。

女性の場合は腰やお腹が痛む場合には内臓だけではなく、子供をつくり育てる為の大切な臓器に異常が発生している可能性も否定できないのです。なので腰の背中側が痛む場合はともかく、お腹側が痛む場合には婦人科にて診療を受ける必要性もあるでしょう。

腰の痛みなのか骨盤の痛みなのかを注意する

女性が腰痛に対して注意して考えないといけないのは、腰の背中側が痛む場合と、お腹も痛む場合では女性の場合まったく違った部位に問題があるかもしれないといういうことになります。

実はストレスを溜め続けたり、うつ病など精神的な要因で腰痛を引き起こしてしまう可能性がごくまれにありますが、ここでは骨盤の痛みについて説明しました。骨盤が痛む場合、右側が痛む場合に特に注意が必要です。

女性特有の腰痛の要因は?

%e8%85%b0%e7%97%9b-%e5%8e%9f%e5%9b%a0-%e5%a5%b3%e6%80%a7-%e9%aa%a8%e7%9b%a41

腰は身体の要であり、腰痛にかかってしまう人は長時間同じ姿勢を取り続けてしまっていたり、主に運動不足によって腰や首の筋肉が凝り固まってしまい、背骨や神経を圧迫してしまって痛みを発生させてしまう場合がほとんどです。

しかし女性の場合は男性と違い骨盤に問題を抱えて腰痛を引き起こす可能性が高いです。骨盤とは身体の中心にある重要な骨で、複数の骨が組み合わせで構成されています。

まとめ

女性の場合は特に女性にしかない生理や排卵によって骨盤が痛み、それが腰痛に繋がってしまう可能性も多々あります。

特に骨盤の右側が痛む場合は、卵巣や子宮が近いので卵巣のトラブルが考えられるので痛みが引かない場合や、定期的に痛みを感じるのであれば婦人科に相談を行うのがよいでしょう。

また、腰の背中側ではなく骨盤自体が痛む場合には、消火器に問題がある可能性も否定できないので、腰の痛みがストレッチなどで解決できない場合は専門の医療機関を訪ねることが重要になります。

スポンサーリンク



このページの先頭へ