椎間板ヘルニアの症状で足の痛みがある場合は?腰椎との関係性は?

椎間板ヘルニアの症状について、足痛みの症状について説明しています。まず椎間板ヘルニアとはどのような病気なのかを説明し、ぎっくり腰やその他の腰痛とは違う原因で起こっている事、背骨の腰の部分には椎間板があり、その役割と痛みや痺れを起こしてしまっている原因として神経を圧迫している事を説明しています。

スポンサーリンク

椎間板ヘルニアとぎっくり腰の違いは?

%e6%a4%8e%e9%96%93%e6%9d%bf%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%a2-%e7%97%87%e7%8a%b6-%e8%b6%b3%e7%97%9b%e3%81%bf1

椎間板ヘルニアとは、ぎっくり腰などの症状名に対し、病名です。病名ということはしっかりとした病気という事になります。腰の痛みが発生するとともに足が痺れる症状が発生する可能性もあります。

椎間板ヘルニアの原因は腰椎椎間板が圧迫され突き出てしまい、脊髄の中枢神経や周りの末梢神経が圧迫されて痛みや痺れが発生する症状です。

ヘルニアとはどのような症状なのでしょうか?私たち人間の背骨は積み木のように骨がつながって構成されています。

骨格標本などで見た事があるかと思いますが、沢山の骨が組み合わさって長い背骨になっており、骨と骨の間には椎間板というクッションがあり、骨が動く際に衝撃を和らげるクッションになっている訳です。

椎間板ヘルニアが発生する原因は?

背骨は人間の姿勢を支えるうえで欠かせない重要なパーツですが、毎日普通に立ったり座ったり生活をしている上で強弱を問わず負担がかかり続けています。

骨と骨の間に椎間板があり、体重や動きの負担を軽減し、動くためのクッションの役割を行っていますが、その骨に過度な重量や無理な姿勢を続けて負担がかかりすぎてしまうと、そのクッションである椎間板が圧迫されて変形し飛び出してしまい、背骨の内部を通る重要な神経や、背骨の周りの神経を圧迫してしまう結果になります。

飛び出した椎間板が神経を圧迫する事によって、腰や足に激しい痛みを感じてしまったり、痺れが発生してしまう症状が、椎間板ヘルニアという病気の正体という訳です。椎間板ヘルには骨の異常ではなく、その周りの神経を刺激して起こっている訳です。

スポンサーリンク

椎間板ヘルニアが発生しやすい習慣とは?

人間は直立歩行を行っており、体重のほとんど、特に頭部は人間の身体のパーツの中で一番重たいと言われている部分や胸や腕など、上半身を背骨の腰の部分が支えている形になります、そしてその腰にかかる体重の負担を支え、腰が動くように支えているのが腰骨の椎間板です。

なので、腰の椎間板は特に椎間板ヘルニアの症状にかかりやすいと言われています。加齢により筋力が落ちてしまい、中腰姿勢や長時間のデスクワークなどで圧力がかかり、椎間板が変形しヘルニアが起こりやすくなってしまう状態になってしまいます。

また、激しいスポーツや重い荷物を持ち上げることが多い人も、椎間板に多大な負担がかかってしまうため急激な痛みとともに椎間板ヘルニアを発症させやすいと言われているのです。

足の痛みや痺れが発生する理由は?

%e6%a4%8e%e9%96%93%e6%9d%bf%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%a2-%e7%97%87%e7%8a%b6-%e8%b6%b3%e7%97%9b%e3%81%bf2

腰の部分、「腰椎」と呼ばれていますが腰椎は5つあり、その腰椎それぞれに痛みや痺れを起こす場所は変わってきます。椎間板ヘルニアによって足の痛みや痺れを感じる方は、5つある腰椎のうち2番目から下の腰椎を支えている椎間板がヘルニアになっている可能性が高いです。

椎間板ヘルニアは、神経を圧迫し痛みや痺れを引き起こしてしまっている症状なので、炎症とは違って自力で治す事は難しいです、もし腰の激しい痛みや痺れを感じてしまっている場合は、整形外科など専門の医療機関にかかる事をお勧めします。

まとめ

椎間板ヘルニアはぎっくり腰とは違い、腰の筋肉が凝り固まって起こる症状ではなく、長年の生活習慣や姿勢の癖で背骨に負担がかかりすぎていたり、激しい運動を繰り返すことによって背骨のクッションである椎間板に負担がかかりすぎて変形してしまう病気なので、例えば安静にしていたり、湿布を貼っていれば自然と治るような病気ではありません。

もし長時間のデスクワークで腰が慢性的に痛みそこに痺れが発生している場合や、運動を日常的に行っており痛みを我慢し続けているという場合であれば、背骨に負担がかかっていてヘルニアになってしまっている可能性も否定できません。

慢性的に痛みと痺れが続いてしまっている場合は、速やかに整形外科にかかりレントゲンで検査を受ける事をお勧めします。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ