ぎっくり腰の治療は整形外科で良いの?病院に行くタイミングは?

ぎっくり腰に悩む人や、ぎっくり腰を治療したい人に向けて、まずは整形外科にかかることが一番効果的であることを紹介し、ぎっくり腰の辛い痛みを、レントゲンやMRIで客観的に診断し、痛みの原因を分析し効果的な治療ができるのが整形外科だからです。ぎっくり腰になってしまったら、いつから整形外科に通えばいいかも合わせて説明します。

スポンサーリンク

ぎっくり腰になってしまったら?

%e3%81%8e%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a%e8%85%b0-%e6%b2%bb%e7%99%82-%e6%95%b4%e5%bd%a2%e5%a4%96%e7%a7%911

ぎっくり腰にかかってしまったら、突然腰を襲う激しい痛みはなかなか耐えられるものではありません、ぎっくり腰になってしまうと立つことも、動く事も、場合によっては寝ている事すら腰に痛みが走ってしまいかなりつらい状態になってしまいます。

軽い状態でそこまで強い痛みではないにしても、腰を動かしたり曲げたりすると鋭い痛みが走り、腰をひねる事もできないといった状態になる事もあります。

また慢性的な腰の痛みを感じている人は、これまで腰に負担をかけて痛みを蓄積させていったものが一気に噴き出すように激しい痛みに襲われてしまう事例も多々あります。

そんな辛いぎっくり腰や腰痛ですが、早急に治療を行いたいと思うのが人情というものでしょう。その際にどのような医療機関を利用すればよいのかを紹介してゆきます。

ぎっくり腰は整形外科に行く?

ぎっくり腰にかかってしまったらどこに行けば適切な治療を受けることができるのか?まずは整形外科にかかるのが一番良いでしょう。

整形外科では怪我や筋肉、関節や骨の異常を診る為の専門科であり、まず整形外科の病院に行けばレントゲンやMRIなど骨に異常がないかを調べてもらう事ができるからです。

身体の異常に対してレントゲンで撮ってもらうことによって、普段見る事のできない体の内部の異常や、骨や関節、特に腰の部分だと軟骨など異常か無いかすぐに調べる事ができるので、いま起こっている激しい痛みがどのような原因で起こっているのか、すぐに原因を割り出すことができるのが整形外科なのです。

整骨院や骨接ぎの診療所でも腰痛やぎっくり腰を診てもらう事ができますが、まずはレントゲンで内部を診ることができる整形外科にかかるのが最も効率的でしょう。

スポンサーリンク

病院に行くタイミングは?

ぎっくり腰の治療法は、主なものとしては安静にしながら痛みを取り除くため湿布などで患部を治療する方法になります。

重度のぎっくり腰を発症させてしまって、全く動けなくなってしまった場合には、かかりつけの医師で家まで診療に来てくれるような場合は良いですが、地方や昔の時代ならともかく、現在はなかなか家に通ってくれる医師はそうそういないかと思われます。

なので腰痛を感じたり軽度のぎっくり腰の場合は、2~3日の安静期間を置くと症状が落ち着いてきて動けるようになると思いますので、そこで落ち着いてから整形外科を受診し、しっかりと何が原因で痛みを発生させているのかを突き止めることが重要です。

2~3日安静にしていても症状が落ち着かない場合には、他の病気の可能性も考えられます。

整形外科の検査で異常がないと診断されたら?

ぎっくり腰を起こしてしまい、整形外科で検査を受けて原因が特に見当たらず、異常がないと診断されても、足がしびれたり、横向きに寝て膝を曲げても痛みが楽にならない、発熱や発汗があり、痛みをぶりかえしてしまう。という場合には、きちんとその旨を医師に相談することが重要です。

腰痛の場合、腰は身体の中心的な部分と言っても過言ではありません、そのため腰の神経など圧迫して痛みやその他身体の異常を発生させている可能性もあります。

また内臓や循環器、泌尿器科系、婦人科系の病気を発症させてしまって、それが腰痛を引き起こしてしまっている、という可能性も十二分に考えられます。

もし整形外科のレントゲン検査で、骨や関節に異常がない場合でも痛みが発生する場合は、早い段階で他の専門科を受診しましょう。

まとめ

一般的にぎっくり腰や腰痛、関節の痛みは骨や関節、筋肉が炎症や異常を起こして痛みを発生させている場合が多いです。

そのためぎっくり腰を発生させてしまった場合には、通える場合であれば整形外科に行き、自分の骨や関節、筋肉に異常が発生していないかレントゲンやMRIで客観的に確認する事が効果的な治療の役に立つ形になります。

なので、まず腰の痛みに悩んだら整形外科を診療する事が一番効果的なのです。貴方の近くに評判の良い整形外科がある病院があればまずそこにかかるのが貴方の辛いぎっくり腰の痛みから解放される第一歩になるでしょう。

もしぎっくり腰で動く事もできない場合や、近くに整形外科が無い場合であれば、動けない場合はまず安静にして、落ち着いてから総合病院を訪ねると良いでしょう。

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ