ぎっくり腰の症状と期間はどれくらい?期間を短くする方法とは?

ぎっくり腰の辛い痛みの症状や、その症状がどのくらい続くのかその期間について紹介しています。まずぎっくり腰がどうやって起こるのか原因を説明し、その痛みをどうすれば早く解消できるのか、ぎっくり腰の症状や一般的な痛む期間、そして期間ごとにどのように処置を行えばいいかを合わせて紹介しています。

スポンサーリンク

ぎっくり腰は病気や怪我ではない?

%e3%81%8e%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a%e8%85%b0-%e7%97%87%e7%8a%b6-%e6%9c%9f%e9%96%931

ぎっくり腰とは急性腰痛症と呼ばれるもので、急に腰に激痛が走る症状として有名です。

荷物を持ち上げたりする瞬間や、身体をひねったり曲げたりした瞬間に、その場で動けなくなってしまう程の激痛が腰に走ります。あまりにも強烈な痛みが急に腰を襲う事から、欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれている恐ろしい症状です。

そのぎっくり腰は主に普段の生活から腰に負担を知らず知らずにかけ続けてしまっており、疲れや負担がかかり続けて腰の部分の背筋が凝り固まってしまい、ある日突然神経に激痛を伝えてしまう仕組みでぎっくり腰が発生することがわかっています。

よく間違えられがちなのですが、ぎっくり腰は病気や怪我が原因で起こるのではなく、何もしていないのに突然起こってしまっている症状なのです。なので恐ろしい症状と呼ばれているのです。

恐ろしいぎっくり腰の原因とは?

朝起きて身体を起こすときや、顔を洗う際に腰をかがめた時や、重いものだけでなくなにか物を持ち上げようと腰を曲げて伸ばそうとしたときなど、ぎっくり腰が起こるきっかけがはっきりしている人もいます。

しかし、ぎっくり腰にかかってしまう人の中にはそういった腰の曲げ伸ばしの途中ではなく何気ない日常の動作の中でもぎっくり腰にかかってしまう事があります。

ぎっくり腰は日々の生活の中で筋肉と神経や関節へ負荷をかけ続けていたり、過度に緊張してしまったときや疲れがたまっているときに、身体を不自然にひねったり、重いものを中腰で持ち上げたり、前かがみになってしまった時などに起こります。

また長時間同じ姿勢で座り続けていたり、運動不足や肥満で関節や腰や膝に負担をかけてしまって、不自然な姿勢になってしまった状態で生活してしまったり、腰の筋肉に負担をかけ血行が悪くなってしまっているときに起こりやすいと言われています。

スポンサーリンク

ぎっくり腰の症状はどのくらい続く?

ぎっくり腰の症状の期間ですが、動けなくなってしまうほどの急激な痛みの時期は最初の2日から3日間と言われており、その期間は出来るだけ横になり動かず安静にする時期になります。

まず動くことができなくなるくらいの激痛が襲いますので、無理に動こうとせずに安静に務めることが早期回復の鍵となります。お風呂などで身体を温めたり、無理にストレッチやマッサージを行うことは厳禁です。

その後、早い人で3日目あたりから、遅い人でも2週間ほどでようやく動けるようになってくると言われています。

普段運動をして無理をしている人や、逆にまったく運動をせずに普段運動不足と言われている人は痛みが慢性化してしまう可能性があるので、注意と痛みが治まらない場合は専門の医療機関に相談を行うことが重要です。

つらいぎっくり腰の期間を短くする方法とは?

ぎっくり腰を早期に解消させたいのであれば、RICE処置を行うことをお勧めします。RとはREST(安静)、IとはICING(冷却)CとはCOMPRESSION(圧迫)EとはELEVATION(挙上)の事で、つまり安静にして患部(この場合は腰ですが)を湿布などで冷却し、コルセットで腰に負担がかからないように圧迫し、痛む場所を上にして横になり安定した状態でゆっくりと休むことがぎっくり腰の早急な解決方法につながります。

ぎっくり腰を起こした際に、ご家庭に晒しやご家族が使ったコルセットがあるなら、腰に巻いて腰に振動や負担がかからないようにしましょう。

そして動けるようになった場合、お医者さんの診断を仰ぐか、もしかかりつけの医者を呼べるご家庭であれば、安静にしたままお医者を呼べるのでそれが一番早期治療に役立ちます。

まとめ

ぎっくり腰は一度かかってしまったら、痛みに恐怖を覚えてしまう恐ろしい症状です。なので一度かかってしまった方は安静にして適切な処置を行い早急な回復を、そしてぎっくり腰が再発しないように、またぎっくり腰にかからないように心がけて生活を行うことが重要です。

腰に負担をかけてしまうような姿勢、関節や腰や膝に負担をかけてしまうような肥満に注意すること、腰を急にひねったり曲げ伸ばしをしないようにすること、腰を冷やしてしまって血行を滞らせてしまう事、これらは腰に負担をかけてぎっくり腰を引き起こしたり、ぎっくり腰の再発を招いてしまう原因になりえます。

辛いぎっくり腰や腰痛にかからないためにも、普段から腰に負担がかからないような生活を心がけ、腰痛を予防するエクササイズやストレッチなど、適度な運動を行うように心がけると良いでしょう。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ