ぎっくり腰の原因はストレスなの?ぎっくり腰は癖になる?

ぎっくり腰について解説しています。ぎっくり腰の原因にストレスが関わっている事をその事例を交えて紹介しています。ぎっくり腰とは別名急性腰痛症とも呼ばれる強い痛みが腰にかかる症状であることを説明し、どのような時に起こるのか、また何が原因でぎっくり腰にかかり、ぎっくり腰はかかってしまうと動けなくなってしまう程の痛みです。

スポンサーリンク

ぎっくり腰の原因はストレスなの?

%e3%81%8e%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a%e8%85%b0-%e5%8e%9f%e5%9b%a0-%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%b91

ストレスを受け続けると、自立神経のバランスが崩れて、腰痛など身体のあちこちに、様々な異常が発生しやすくなりますが、これを自立神経失調症といいます。

しかし、ぎっくり腰は無理をせず安静を保っていれば、徐々に回復するケースもありますが、対処法や過ごし方を間違ってしまうと痛みが長引き、慢性化してしまう危険性もあります。

重症化してしまうと、身体を起こす際にも激痛が走るため、腰を曲げた状態で歩かざるを得ない、など生活に負担をかけてしまうケースも見られるため、原因を把握しあらかじめ予防しておくのも一つの方法です。

恐怖の痛みのぎっくり腰

ぎっくり腰、「魔女の一撃」とも呼ばれ、突然腰に激痛が走る症状のことを指します。重い荷物を持ち上げるときに突然腰に「ぴきっ」という音が響きぎっくり腰にかかってしまうと言われています。

実は重い荷物を無理に持つだけでなく、軽い荷物や何気ない行動からぎっくり腰を引き起こしてしまうと言われており、ぎっくり腰が引き起こされるトリガーは一体何なのか、恐怖の存在としてずっと扱われてきました。

スポンサーリンク

ぎっくり腰は癖になる

長年、腰に負担をかけなくても不意に激痛が腰に襲い掛かるぎっくり腰は恐れられてきましたが、近年になってぎっくり腰の原因がいくつか解明されています。

ぎっくり腰を経験した方ならわかると思いますが、あの痛みは癖になってしまうと何度も腰痛を引き起こしてしまう形となり、対処をしようにも何が原因でぎっくり腰になってしまったのかよくわからずに過ごしている人も少なくありません。

ぎっくり腰の正体とは?

ぎっくり腰は「急性腰痛症」とも呼ばれ、名前の通り突然腰に激痛が走り、痛みが強い腰痛の事を指します。軽い症状の場合は、腰の痛みを我慢して歩行や身の回りのことができます。

しかし途中で治まって動いていると、腰に負担を蓄積し続ける結果となり、最悪の場合悪化して動けなくなってしまうケースも多々あるようです。

まとめ

その激しい痛みと、慢性化してしまうと生活にも支障が出てしまったり、再発を繰り返してしまうため恐れられているぎっくり腰ですが、多くの原因は腰の筋肉の硬直化にある、と言われています。

長時間同じ姿勢を取り続けていたり、ストレスを溜めてしまった場合、神経に負担を掛け激痛を引き起こしてしまう、という仕組みです。

なのでぎっくり腰を起こしてしまった場合でも、起こす前でも、腰を動かして筋肉をほぐすようにするのが有効な予防策になります。

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ