髭のカミソリを使った上手な剃り方!準備とアフターケアが大切

髭のカミソリを使った上手な剃り方を紹介します。まず、髭剃り前の準備について説明し、次に、髭を剃る時間帯、カミソリの選び方、髭の正しい剃り方を説明しています。最後に、髭剃り後のアフターケアのやり方とコツを紹介しています。ひげ剃り後は、化粧水やアフターシェービングローションで肌を保護しましょう。

スポンサーリンク

ジレットのカミソリを使った、上手なヒゲのそり

髭のカミソリを使った剃り方

  • 髭剃り前の準備
  • 髭を剃る時間帯
  • カミソリの選び方
  • 髭の正しい剃り方
  • 髭剃り後のアフターケア

スポンサーリンク

髭剃り前の準備

 sengan

いきなりシェービング剤を肌に塗らずに、まずは洗顔をして皮脂や汚れをしっかり取り除きましょう。

次に電子レンジなどを使い蒸しタオルを作り肌を温め、髭をやわらかくすることで、スムーズに髭を剃ることができます。

髭を剃る時間帯

1日で髭がもっとも伸びる時間帯は午前6時~10時の間だそうです。夜、お風呂に入ったときに剃る人もいますが、朝になるとまた髭が伸びてしまいます。

髭剃りに最適な時間帯は朝起きてから20分後くらいが、肌のハリがあり、血行もいいので、出血がしにくく肌を傷めにくいそうです。

カミソリの選び方

T字カミソリは、初めて髭を剃る10代の学生時代に使用する人が多く、価格も電気シェーバーよりも安く手軽に扱えます。

T字カミソリの特徴は、なんと言っても刃が直接肌に当たるため深剃りができることです。しかしその反面、肌が痛みやすく正しく使用しないと、カミソリ負けを起こしてしまいます。

最近のT字カミソリの刃は3~5枚刃が主流ですが、初めて使う学生などは、3枚刃を選び、それで物足りなくなったら、5枚刃を選ぶようにするといいでしょう。

髭の正しい剃り方

まず、シェービング剤を肌に塗り20~30秒おいて、シェービング剤がの髭の根元まで浸透するまで待ちます。

その後、髭の生えている方向に上から下へゆっくり剃って行きます。このとき、唇の周辺や耳の下などは肌を切りやすいので注意して剃りましょう。

そして、全体を剃った後に今度は顎のしたなどの剃り残し部分を下から上にゆっくりと逆剃りします。このとき歯の向きは斜め下から斜め上に剃ると肌を傷付けずに剃れます。

髭剃り後のアフターケア

kesyousui

髭を剃った後の肌はカミソリによる細かい傷や、石鹸により顔の皮脂が不足しています。洗顔後は、化粧水やアフターシェービングローションを付けて肌を整えましょう。

このとき、アフターシェービングローションはアルコール分を含む成分が入っているものが多いので、肌がヒリヒリ痛む場合があります。

爽快感を感じることができますが、肌の弱い方はアルコール成分の入っていない化粧水や乳液など使いましょう。

まとめ

管理人はジレットプロプログライドの5枚刃のカミソリをもう5年程使用していますが、剃り味はかなりいいです。

その前は電気シェーバーを長年、使用していましたが、やはりカミソリの方が断然、深剃り感が違います。

朝、少しでも時間がおしい人は電気シェーバーを使い、しっかり深剃りしたい人はカミソリを使うことをおすすめします。

スポンサーリンク



このページの先頭へ