鼻の下のニキビの原因は何なの?女性ホルモンを分泌させるといいの?

鼻の下ニキビ原因は何なのか説明しています。

鼻の下には皮脂腺が多いためニキビができやすく、洗顔時に気をつけることが大事だそうです。また、男性ホルモンの分泌も原因で、内蔵もホルモンバランスの影響を受けやすいそうです。しかし、女性ホルモンを分泌させることで鼻の下のニキビ予防になります。

スポンサーリンク

鼻の下には皮脂腺が多い

hananosita

鼻の下には皮脂腺が多いため、皮脂の分泌量が多くなり、毛穴を塞ぎやすく、毛穴に皮脂が詰まりやすいそうです。そこに、不規則な生活で、睡眠不足やストレスが溜まると、ホルモンのバランスが崩れて、ニキビができる原因になるそうです。

洗顔時に気をつける

洗顔時に鼻の下のニキビを洗う時には、手で直接触れずに、まず、よく泡立ててから、その泡だけをつけるようにすると、鼻の下のニキビを刺激せずに洗顔できるそうです。泡だけでも、十分に皮脂は落とせるそうなので、実践してみましょう。

男性ホルモンの影響

ニキビは、男性ホルモンが多く分泌されることにより、ホルモンのバランスが崩れてできるそうです。また、男性はファッションで鼻の下に髭を生やす人もいますが、これも、男性ホルモンの影響で、鼻の下は、男性ホルモンの分泌量が多いため、髭が伸びやすいこともあるそうです。

しかし、常に衛生的にしていないと、毛穴に皮脂が詰まってしまうので、ニキビができやすくなります。

スポンサーリンク

内蔵もホルモンバランスの影響を受ける

お酒の飲みすぎや食べすぎで、肝臓、腎臓、胃に負担がかかり、内蔵の調子が悪くなると、ホルモンのバランスが崩れて、鼻の下にニキビができやすくなるそうです。

また、特に女性の場合は、生理前に胃の働きが悪くなる場合があるので、思うように食事を摂る事ができずに、栄養のバランスが崩れて、鼻の下にニキビができやすくなるそうでうす。

女性ホルモンを分泌させる

ニキビの原因の男性ホルモンは、ストレスが溜まることで、交感神経が活発に働くために、分泌量が多くなるそうです。これを防ぐには、副交感神経を活発にし、リラックスさせることで、女性ホルモンの分泌を促すことが大事だそうです。

そして、この女性ホルモンを分泌させるのに一番簡単で効果があるのは、入浴だそうです。やり方は、ぬるま湯で半身浴するのがポイントで、お湯の温度は、38℃~40℃の間に設定するようにしましょう。

まとめ

鼻の下のニキビの原因は、鼻の下には皮脂腺が多くあることで皮脂が毛穴に詰まりやすいことや、男性ホルモンの分泌の影響のようですね。また、洗顔時は、直接手で鼻の下のニキビに触れると、ニキビが刺激されるので、たくさん泡立てて、泡だけをつけるように洗顔することが大事ですね。

そして、鼻の下のニキビを予防するには、入浴時にぬるま湯で半身浴することで、ニキビができ難くなる、女性ホルモンが分泌されるようなので、是非、実践したいですね。

スポンサーリンク



このページの先頭へ