鼻がむずむずする時の5つの原因は?秋でも花粉症に注意が必要?

鼻がむずむずする時の5つの原因を説明しています。まず、アレルギー性鼻炎には、通年性アレルギー性鼻炎と季節性アレルギー性鼻炎がります。その他に寒暖差アレルギーとウイルス性鼻炎についても説明しています。そして、秋でも花粉症に注意が必要な理由も説明しています。

スポンサーリンク

鼻がむずむずする時の原因は?

hana

  • アレルギー性鼻炎の場合
  • 通年性アレルギー性鼻炎の場合
  • 季節性アレルギー性鼻炎の場合
  • 寒暖差アレルギーの場合
  • ウイルス性鼻炎の場合

秋でも花粉症に注意が必要?

秋の花粉症の原因は、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの植物が原因だそうです。また、夏の6月~8月にかけてはイネが原因で花粉症を発症する人もいるので、花粉症の症状で1年中悩まされている人もいるそうです。

アレルギー性鼻炎の場合

アレルギー性鼻炎の場合は、アレルギー反応によって、くしゃみが止まらなくなったり、透明の鼻水が大量に出ることがあります。日本人の約40%がアレルギー性鼻炎に悩まされているそうです。

また、アレルギー性鼻炎には、通年性アレルギー性鼻炎季節性アレルギー性鼻炎の2つがあるそうです。

スポンサーリンク

通年性アレルギー性鼻炎の場合

通年性アレルギー性鼻炎の場合は、約8割は室内のハウスダストが原因だそうです。ハウスダストには、ダニの死骸や糞、ゴキブリ、チリやホコリ、ペットの毛、カビなども含まれているそうです。

対処法

通年性アレルギー性鼻炎の対処法は、アレルギーの原因となるアレルゲンとの接触を避けることが重要だそうです。

掃除機や空気清浄機を使い、こまめに部屋を掃除したり、フローリングが効果があるようなので、カーペットやマットはできるだけ避けると良いそうです。そして、部屋の湿度を50%に保ち、温度は20~25度を保つようにしましょう。

また、ふとんも専用の掃除機などで清潔にし、ペットを寝室に入れないようにすることも効果的だそうです。

季節性アレルギー性鼻炎の場合

季節性アレルギー性鼻炎の場合は、一定の特定の時期に起こるのが特徴で、花粉など、空気中に漂う物質が原因で起こるそうです。

症状は皮膚のかゆみ、鼻水、目の充血、くしゃみなどが起こり、コンタクトレンズを使用していると目がごろごろするそうです。また、症状が酷くなると、食欲がなくなったり、眠れなくなる場合があるそうでです。

対処法

季節性アレルギー性鼻炎の対処法は、まず、抗ヒスタミン薬で鼻の症状を和らげるそうです。また、洗眼薬で目を洗うと炎症を鎮めることができるそうです。

そして、結膜炎の症状がある場合は、コンタクトレンズを使用しない方が良いそうです。また、花粉症の原因であるアレルゲンの免疫療法は、花粉の季節の終了直後に、翌年の花粉に向けて治療を開始するそうです。

アレルゲン免疫療法はできれば、1年中続けることが、最も高い効果が得られるそうです。

寒暖差アレルギーの場合

寒暖差アレルギーの場合は、気温の大きな温度差によって、鼻の奥が刺激を受けて、くしゃみ、鼻づまり、鼻水などの症状が起こるそうです。

また、正式には血管運動性鼻炎と呼ばれ、花粉などのアレルギー性鼻炎と同様に鼻過敏症に分類されているそうです。また、寒暖差アレルギーには、アレルギーの原因となるアレルゲンはなく、寒暖差により、自律神経が乱れることで起こるそうです。

そして、特に、男性より筋肉が少ない女性は、冷え性になりやすく、自律神経の乱れを起こしやすいため、多いそうです。

対処法

寒暖差アレルギーの対処法は、現在までないため、アレルギー性鼻炎と同様の治療を行うそうでうす。

抗ヒスタミン薬は、アレルギー性鼻炎と同じ薬ですが、副作用として、眠気などの症状が出るようなので、服用の際は注意が必要です。

また、予防方法は、気温が寒い日や乾燥している日などは、マスクをして出かけ、運動をすることで筋力を増やして血行を良くし、体が冷えないようにすることも大事だそうです。

また、しょうがやにんにくなどを食べて血行を良くしたり、お風呂も長めにつかるなどして自律神経の働きを良くすることも効果があるそうです。

ウイルス性鼻炎の場合

uirus

ウイルス性鼻炎の場合は、名前の通りウイルスに感染することで発症する鼻炎だそうです。ウイルス性鼻炎の症状は、通常の鼻炎と同じで、鼻水や鼻づまりを起こしますが、他にも、風邪の症状と同じ、熱、頭痛、体のだるさ、喉の違和感なども併発するそうです。また、鼻の奥の粘膜が赤く腫れることもウイルス性鼻炎の特徴だそうです。

対処法

ウイルス性鼻炎の対処法は、内服薬や点鼻薬を使用して、現在の症状を緩和させることが一般的だそうです。

また、市販薬にも鼻の症状を抑える風邪薬やスプレー式の点鼻薬もあるそうです。しかし、症状が酷い場合は、医師の診断を受けることが大事だそうです。

ウイルス性鼻炎の場合は、鼻水や鼻づまりの症状を緩和させるだけではなく、風邪の症状も同時に治療する必要があるそうです。

まとめ

管理人も最近、鼻の奥がむずむずして、くしゃみが出ることが多いですが、ハウスダストが原因かも知れません。掃除機や空気清浄機を使い、もっとまめに部屋の掃除をするように心がけたいと思います。

スポンサーリンク



このページの先頭へ