歯がしみるときの4つ原因は?知覚過敏の治療法は?

しみるときの原因は何なのか?冷たいものが食べれないほどに歯がしみるときは、どんな歯の状態なのかを紹介しています。まず、知覚過敏や虫歯の可能性があるそうです。また、歯医者で治療後や矯正治療後も歯がしみることがあるそうです。そして、知覚過敏と虫歯の違いを説明し、知覚過敏の治療法につていも説明しています。

歯がしみるときの原因

  • 知覚過敏
  • 虫歯
  • 歯医者で治療後
  • 矯正治療後

知覚過敏

ha2

知覚過敏は強いブラッシングや歯周病などの原因で歯肉が縮んだり、歯のエナメル質が消失し、象牙質が露出します。

象牙細管という細い管が象牙質表面に開いてしまい、この奥にある神経が刺激されて、しみたり、痛みをともなったりします。

スポンサーリンク

虫歯

虫歯は、歯がしみる、歯が痛いという症状の代表的なものです。虫歯になると歯の表面のエナメル質が溶けて、黒ずんできます。この状態のときに冷たい物が当たると歯がしみることがあります。

歯医者で治療後

歯医者で虫歯の治療をするときは、歯の神経に麻酔をしたり、歯を削ったり、ダメージを受けてしまいます。

金属を付けた後も、そのダメージを回復するのに時間がかかってしまうため、しみることがあります。 神経が回復するのに普通は1週間くらいかかりますが、その間はできるだけ冷たいものが歯にあたらないようにしましょう。

矯正治療後

矯正治療がで歯並びが改善されてくると、それまで外部のにさらされていなかった部分が表面に露出します。 そこに冷たい物が当たると、刺激を受けてしみたり、痛みを感じることがあります。

知覚過敏と虫歯の違い

知覚過敏は冷たいものや温かい物が当たると、しみたり、痛みを感じますが、直ぐ治まります。歯の状態は歯の根元の歯肉が露出しています。

虫歯は痛みが継続的に続き、冷たいものや暖かいものが、しみたり、痛みを感じたときは、既に虫歯はかなり進行しています。歯の状態は黒ずんでいます。

知覚過敏の治療法

ha7

知覚過敏はの治療は、その原因や症状の程度などで個人差があり、治療法も歯科医によって異なる場合があります。

知覚過敏と思われる症状を感じたら、直ぐに歯医者に行くのが一番いいですが、仕事などで忙しく歯医者に行く時間が取れない方は、「知覚過敏用の歯磨き粉」を使用するのがいいそうです。

知覚過敏の症状が軽い場合は、CMなどでお馴染みの「シュミテクト」を使用すると、薬用成分が露出してしまった象牙質をカバーし、象牙細管への刺激を伝わらないようにできるそうです。

このような歯磨き粉を使用するだけで、症状が改善することも珍しくないそうなので、試してみるのもいいですね。

まとめ

歯がしみる原因は知覚過敏と虫歯が多いようですね。しかし、症状が似ているため、知覚過敏と思い込んでいると、じつは虫歯で症状がかなり進行してしまう場合がありますので、注意が必要です。

また、症状が軽い場合は、市販の知覚過敏用の歯磨き粉の「シュミテクト」を使用すると、かなりの効果があることが分かりました。

知覚過敏かな?と感じたら直ぐに使用して様子を見たほうがいいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

歯痛の応急処置に効く市販薬3つ!ロキソニンSをネットで買う

歯茎から出血する6つの原因と予防法!歯周病の初期なら治る

口内炎の薬で市販薬のおすすめはこの4つ!効果や評判を紹介

しゃっくりを止める方法!病気の可能性は?数日間続く時は危険

口臭の5つの原因と対策!口呼吸を止めて鼻呼吸を習慣づける

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ