五月病とうつ病の違いって何なの?五月病という病名は存在しない?

五月病うつ病違いって何なのか説明しています。五月病という病名はそもそも医学的には存在しないそうです。なので、ゴールデンウィーク後に気分の落ち込みが続くときは、気分障害の可能性もあるそうなので、自分で勝手に五月病だと判断するのは止めましょう。

  • 五月病という病名はそもそも存在しない
  • 五月病は気分障害の可能性もある?
  • 異変をが続くなら病院で診察をうけることが大事

スポンサーリンク

五月病という病名はそもそも存在しない

gogatubyou2

5月のゴールデンウィークを過ぎた頃から、五月病という言葉を良く聞きますが、そもそも医学的には五月病という名前の病気は存在しないそうです。

五月病というのは、4月に大学進学の新入生や社会人デビューした新入社員が新しい環境に馴染めずに、一生懸命努力した結果ゴールデンウィークの休暇の後に無気力感や喪失感に襲われることから、うつ病に似たこの症状が五月病と言う名前で一般的に広まったそうです。

五月病は気分障害の可能性もある?

ゴールデンウィークの長期休暇を過した後に、気分が落ち込んだり、やる気が出なくなった場合は、精神疾患の一種である気分障害の可能性があるそうです。

そして、気分障害は気分の暗いうつ症状と気分が明るくなる躁状態が繰り返し起こる双極性障害や2年以上に渡りこの状態が続く気分変調障害などになる場合もあるそうです。

なので、5月頃にこのようなうつ病の症状が出る場合は、自分やまわりの人は、どうせ五月病だろうと見過ごされるケースが多いそうなので、長期間に渡りこの症状が続く場合は注意が必要だそうです。

異変をが続くなら病院で診察を受けることが大事

gogatubyou3

あまりの長期に渡り、気分の落ち込みが続く場合には、気分障害の可能性を考えて、早急に病院で診察を受けることが大事だそうです。

もし、治療が遅れてしまうと、症状がどんどん悪化する恐れがあるようなので、そうならないうちにとにかく病院へ行くことをおすすめします。

また、軽い症状ならば、抗うつ剤の投与などで早期の症状の改善が望めるそうなので、自分で異変に気付くのが一番良いですが、まわりの家族や友人も異変に気付いたら心療内科の受診をすすめるようにしてあげると良いですね。

まとめ

五月病とうつ病との違いは、そもそも五月病と言う病名は医学的には存在しないということが分かりました。また、五月病は気分障害の可能性もあるようですね。

そして、その気分障害として有名なうつ病の可能性もあり、そのまま放置していると症状がどんどん悪化してしまうので、自分ひとりで勝手に自己判断せずに、まわりの家族や友達も異変に気付いたら、本人に早く病院に行くことをすすめてあげるようにしましょう。

おすすめ記事
↓↓↓

五月病の症状で頭痛がするのはストレスが原因?どんな時になるの?

怒りやすい人はストレスが溜まり病気になる?心臓病のリスクも?

怒りを鎮める4つの方法は?自分と他人は考えが違うのは当たり前?

怒りをコントロールできない時の3つの病気,非定型うつ病とは?

二日酔いで吐き気が止まらない時の5つの対処法!とにかく寝る

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ