下痢が続く時の原因は?食後に毎回下痢になるのは過敏性腸症候群?

下痢続く時の原因食後に毎回下痢になるのは何故なのか説明しています。過敏性腸症候群は検査をしても異常が発見されないそうです。また、若いサラリーマンに多く、精神科でカウンセリングを受けると良いそうです。最後に、過敏性腸症候群と上手に付き合う方法を紹介しています。

  • 過敏性腸症候群は検査をしても異常が発見されない
  • 過敏性腸症候群は若いサラリーマンに多い
  • 過敏性腸症候群は精神科でカウンセリングを受けると良い
  • 過敏性腸症候群と上手に付き合う

過敏性腸症候群は検査をしても異常が発見されない

食後に下痢が毎日のように続く原因は強いストレスを受けることによる過敏性腸症候群にかかっている疑いがあるそうです。

この過敏性腸症候群は、病院で消化器内科を受診する約半数が過敏性腸症候群だと言われていて、レントゲン、内視鏡、便の検査でも異常が発見されず、症状だけがずっと続くそうです。

スポンサーリンク

過敏性腸症候群は若いサラリーマンに多い

sarariman

過敏性腸症候群は、近年では若いサラリーマンに急激に増えているそうで、もともと胃腸が弱かった人が社会人になることで、仕事上で強いストレスを受けると過敏性腸症候群の症状が悪化する場合があるそうです。

また、胃腸は精神的な影響を受けやすい臓器として有名で、下痢や腹痛などの症状はストレスと深く関係し、過敏性腸症候群の代表的な症状だそうです。

過敏性腸症候群は精神科でカウンセリングを受けると良い

原因不明の下痢が毎日続く時は過敏性腸症候群の可能性があるので、まず、精神科でカウンセリングを受けると良いそうです。

すると、下痢止めの薬や精神的な苦痛を和らげる抗うつ剤も処方してくれるので、そして何年間も下痢の症状で苦しんでいた人が、精神的な薬を服用することで直ぐに治ってしまったケースも実際にあるそうです。

精神科のカウンセリングを受ける時の注意点

精神科のカウンセリングを受ける時に重要なことは、いかに細かく現在の自分の生活状況や症状を伝えられるかどうかだそうです。

このことは今後の治療法に関わってくるので、日頃の自分の食後の行動をメモしておくことが大事だそうです。

なので、食後の喫煙本数や飲酒量、下痢が始まった時期、現在服用している市販薬などを持参するとカウンセリング時に役立つそうです。

過敏性腸症候群と上手に付き合う

seisin

過敏性腸症候群になりやすい人は、真面目で神経質な性格の人が多いそうです。なので、今から性格を変えるというのは、かなり困難なために、性格を変えるよりも自分の精神をコントロールする方法を身に付けて過敏性腸症候群と上手に付き合う方が、結果的に症状の改善に繋がることが多いそうです。

まとめ

食後に毎日のように下痢が続く場合は、過敏性腸症候群の可能性があるようですね。また、過敏性腸症候群は、病院の消化器内科で検査を受けても原因が発見されないので厄介な病気ですね。

なので、下痢が毎日続いて過敏性腸症候群が疑われる場合は、まず、精神科のカウンセリングを受けると、処方される精神薬で症状が直ぐに改善する場合もあるようなのでカウンセリングを受けることを考えた方が良いですね。

なので、毎日の自分の食後の喫煙本数や飲酒量、下痢の頻度をメモしておくとカウンセリング時に役立つようなので、メモをとることを心がけたいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

お腹が痩せるための短期間の方法は?ドローインの呼吸法で痩せる

お腹の脂肪を減らす4つの方法!筋トレよりも有酸素運動が効果的

お腹の腹筋が痛い時の3つの病気は?急性虫垂炎の初期症状の場合も

お腹が鳴る時の2つの病気の可能性とは?過敏性腸症候群の場合も?

げっぷが多い時の4つの病気の可能性は?呑気症とはどんな病気?

スポンサーリンク



このページの先頭へ