下痢が止まらないのは風邪の症状なの?下痢止めは早期に使用しない?

下痢止まらないのは風邪の症状なのかどうかについて説明しています。下痢止めは早期には使用しない方が良いそうです。そして、スポーツドリンクなどで口と喉を潤すようにしましょう。下痢の回復後も一週間程度は消化の良い食事を摂る必要があります。日頃から腸内環境を整えるようにしましょう。

スポンサーリンク

  • 下痢が止まらない時は風邪の症状なの?
  • 下痢止めは早期には使用しない方が良い?
  • スポーツドリンクなどで口と喉を潤す
  • 下痢の回復後も一週間程度は消化の良い食事を摂る

下痢が止まらない時は風邪の症状なの?

geri

下痢が止まらない時に風邪が原因ではないかと疑いますが、冬のお腹の風邪はノロウイルスが原因であることが多いそうです。

また、今まではノロウイルスを検査するには専門機関で精密検査をする必要があったそうですが、最近ではノロウイルスの簡易検査ができるキットが開発されたおかげで、提出してから20分ほどで結果が出るようになったそうです。

スポンサーリンク

下痢止めは早期には使用しない方が良い?

下痢止めを早期に飲むと、ウイルスが体の中に停滞する危険性があるそうです。また、ウイルスには抗生物質が効かないため、体の外に出すことでしか対処できないそうです。

なので、下痢の症状が出て6時間程度であれば、体の衰弱などの心配はないそうなので、直ぐに下痢止めを飲まずに、しばらく様子を見ることが大事だそうです。

スポーツドリンクなどで口と喉を潤す

drink

下痢が止まらないからと、水分を摂らずにいると体力的にも消耗してしまうので、嘔吐が見られない場合は、スポーツドリンクなどを口に少しずつ含み水分補給を欠かさないようにすると良いそうです。

しかし、喉が渇いているからといって一度に大量に飲むと下痢の症状が悪化する場合があるので、あくまでも少量ずつ口に含むことが大事だそうです。

下痢の回復後も一週間程度は消化の良い食事を摂る

風邪の症状が収まり、熱が下がった場合でも下痢の症状はまだしばらく続く場合があるそうです。なので、完全に体調が回復するまでの一週間程度は普段の食事も消化の良いものを食べると良いそうです。

また、風邪にかかった時に下痢の症状が酷くならないように、日頃から腸内環境を強くすることが大切だそうです。また、食事といっしょにサプリメントを上手に摂ることでも腸内環境を強くするのに役立つようです。

まとめ

冬の時期に風邪の症状で下痢が続く場合は、ノロウイルスの可能性が高いようですね。また、現在はノロウイルスの検査をするのに専門機関までいく必要がなく、病院の簡易キットで20分あれば検査結果が出るようなので、冬に下痢が続く場合は、直ぐに病院で検査をした方が良いですね。

スポンサーリンク



このページの先頭へ