おならとげっぷが多い時の4つの病気の可能性は?呑気症の症状は?

おならげっぷ多い時の4つの病気の可能性を説明しています。呑気症、逆流性食道炎、胃潰瘍、胃がんのそれぞれの症状と治療法について紹介しています。呑気症は、ストレスが原因で起こることが多いので、ウォーキングなどの軽い運動で、ストレスを解消することが大事だそうです。

  • 呑気症(どんきしょう)の場合
  • 逆流性食道炎の場合
  • 胃潰瘍の場合
  • 胃がんの場合

呑気症(どんきしょう)の場合

donkisyou

呑気症は、食事などで大量の空気をいっしょに飲み込むことによって、胃、食道、腸に空気がたまり胸焼け、腹痛、げっぷ、おならなどの症状が起こるそうです。

スポンサーリンク

呑気症の予防法

ストレスを解消する

呑気症の原因はストレスの場合が多く、ストレスを解消するには、ウォーキング、買い物などで外出し、気分転換をすることが効果があるそうです。

逆に家に篭って、ゲームやお酒を飲み続けたりするとストレスが増える場合があるので、積極的に外出することがストレス解消には大事だそうです。

歯のかみ締め癖を治す

歯にかみ締め癖があると、パソコン作業中などに、知らず知らずに無意識に歯をかみ締めている場合があるそうです。なので、自分で意識的に、歯のかみ締め癖を治すことが大事だそうです。

改善方法は、深呼吸をして口から息をはくことで、自然に歯の噛みあわせが緩み改善されるそうです。なので、パソコン作業中などは、たまに深呼吸をして歯の噛み締めを緩めることが大事ですね。

早食いをしない

食事を早食いすると、食べ物といっしょにたくさんの空気を飲み込んでしまい、また、スープや麺類もズルズルすすると空気を飲み込んでしまいます。

揚げ物や炭酸飲料なども胃に負担がかかるので摂りすぎには注意した方が良いそうです。

逆流性食道炎の場合

逆流性食道炎の一番多い症状は、胸焼けで、胃の内容物や胃液が食道に逆流することで、食道の粘膜に炎症が起こることだそうです。

60歳以上の高齢者の女性に多く発症し、原因は、食の欧米化や社会全体の高齢化にあると言われているそうです。

逆流性食道炎の治療法

逆流性食道炎の治療法は、薬物治療、手術、生活習慣の改善などがあり、一般的には飲み薬が使用され、手術はあまり行われず、食生活の見直しや腹圧の上昇を抑える処置で症状を抑える対処療法が主流のようです。

胃潰瘍の場合

胃潰瘍の場合は、胃酸がこみ上げてくるような酸っぱいげっぷが出るそうです。また、ストレスなどで胃酸と粘液のバランスが崩れ、胃酸が胃や十二指腸の粘膜を傷付けて、穴が開いたりするそうです。

胃潰瘍の治療法

胃潰瘍の治療法は、薬物治療で酸の分泌を制御するそうです。他に胃潰瘍の最大の原因のストレスや生活習慣の改善も行われ、これらを改善することが一番重要だそうです。

まず、アルコールや喫煙、カフェインの摂りすぎを控えて、質の良い睡眠をとり、バランスの良い食事をし、規則正しい生活習慣を身に付けることが大切だそうです。

また、胃潰瘍は重症になると、外科的手術が必要になる場合もあるので、高脂肪食や暴飲暴食などは避けて、症状が出たら早めに病院に行き、薬物治療を受けた方が良いようです。

胃がんの場合

胃がんの場合は、初期段階では自覚症状はほとんどないようですが、げっぷが食後だけではなく、普段でも頻繁に出るようになるそうです。

胃がんの治療法

igan-tiryou

胃がんの治療法は、外科療法、化学療法、放射線治療を行いますが、胃がんは抗がん剤や放射線治療があまり効かないため、外科療法が最も重要だそうです。

また、日本人は胃がんになりやすためその分、臨床経験が豊富で、医療技術も発達しているそうです。

まとめ

管理人も食後に胸焼けがして、げっぷが出やすいですが、げっぷが頻繁に出る時は、呑気症(どんきしょう)の可能性があるようですね。

予防法はストレスが一番の原因のようなので、ウォーキングなどで外出して、気分転換をするのが効果があるようですね。

人気のウォーキングシューズはこちら
↓↓↓

ウォーキングは、運動不足の解消にもなるので、習慣付けしたいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

ウォーキングの時間と距離で大事なのは?ウォーキングのコツは?

お腹が鳴る時の2つの病気の可能性,過敏性腸症候群とは?

膝の痛みの場所は内側と外側どっち?治療法と予防法は?

耳の奥がかゆい時の5つの原因と対処法!耳かきはやりすぎない

睡眠中のよだれを防ぐ4つの対策!顎の筋肉を鍛えよう

スポンサーリンク



このページの先頭へ