二日酔いの頭痛に鎮痛剤の薬のロキソニンを飲んで良いの?

二日酔い頭痛に鎮痛剤のロキソニンを飲んで良いのかどうか説明しています。ロキソニンは、胃や肝臓に負担かがかかるそうです。なので、ロキソニンと胃薬を同時に飲むと胃への負担を和らげることができます。そして、ロキソニンは飲酒時には使用しないようにしましょう。ロキソニンは、飲酒の翌日に飲むといいそうです。

  • ロキソニンは胃に負担がかかる
  • ロキソニンは肝臓に負担がかかる
  • ロキソニンと胃薬を同時に飲む
  • ロキソニンは飲酒時には飲まない

ロキソニンは胃に負担がかかる

i

ロキソニンは鎮痛剤なので、二日酔いの胃が弱った状態で飲むと、頭痛は治まりますが、胃が荒れる副作用があるので注意が必要だそうです。

スポンサーリンク

ロキソニンは肝臓に負担がかかる

アルコールは肝臓が分解するので、飲酒後すぐにロキソニンを飲むと、ロキソニンの分解も肝臓が行い、余計に負担がかかるそうです。そして、ロキソニンが過剰に効いてしまい、肝臓を荒らしてしまう原因になるそうです。

ロキソニンと胃薬を同時に飲む

ロキソニンは、胃が荒れるという副作用があるので、どうしても二日酔いで頭痛が酷く辛い場合は、対策として、ロキソニンと同時に胃薬を飲むと副作用の胃荒れに効果があるそうです。

ロキソニンは飲酒時には飲まない

futsukayoi2

ロキソニンは二日酔いの辛い頭痛の時に服用する人が多いそうですが、「飲酒時には使用しないで下さい」という注意書きがあるそうです。

なので、どうしても頭痛が治まらない場合は、飲酒後すぐにロキソニンを飲むのではなく、飲酒後の翌日に飲むという使い方が良いそうです。

また、あくまでロキソニンは鎮痛剤で二日酔いの原因自体を治すことはできないので、注意して使用する必要があるそうです。

まとめ

ロキソニンは、頭痛や筋肉痛などの強い痛みには凄く効果がある鎮痛剤のようですが、胃が荒れるという副作用があるので注意が必要ですね。

しかも、飲酒後の胃や肝臓が弱っている状態で飲むと、負担が余計にかかるので、ロキソニンは飲酒後すぐには飲まない方が良いようです。

しかし、飲酒の翌日も頭痛が続き苦しい場合は、ロキソニンと胃薬を同時に服用すると副作用の胃荒れに効果があるそうなので、どうしても二日酔いの頭痛で翌日も辛い場合は、この方法が良いようですね。

管理人は、二日酔いの頭痛ではないですが、歯痛の時には市販薬で鎮痛剤のナロンエースを飲んでいましたが、効き目も早く良かったです。

おすすめ記事
↓↓↓

二日酔いの予防で飲んだ後にする5つとは?味噌汁で肝機能回復!

二日酔いで吐き気が止まらない時の5つの対処法!とにかく寝る

歯痛の応急処置に効く市販薬3つ!ロキソニンSをネットで買う

物忘れがひどい時の7つの病気の可能性とは?若年性健忘症かも?

頭痛による嘔吐の4つの病気の原因,くも膜下出血の場合も

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ