二日酔いの予防で飲んだ後にする5つとは?味噌汁で肝機能回復!

二日酔いの予防で飲んだ後にする5つのことについて説明しています。まず、水を飲んでアルコール濃度を下げて、アミノ酸が含まれている食品を摂り、果物を食べて二日酔いの症状を改善させましょう。朝起きたらスポーツドリンクを飲むことも効果があります。また、味噌汁には肝臓の働きを助ける効果があります。

  • 水を飲んでアルコール濃度を下げる
  • アミノ酸が含まれている食品を摂る
  • 果物を食べて二日酔いの症状を改善させる
  • 朝起きたらスポーツドリンクを飲む
  • 味噌汁には肝臓の働きを助ける効果がある

水を飲んでアルコール濃度を下げる

futsukayoi

アルコールは一度にたくさん飲むと体内で処理できるアルコール分解量を超えてしまい、二日酔いになってしまうそうです。

そのため、アルコールを飲んだ後は、水を飲むことで、血中のアルコー濃度が下がり、翌日の二日酔いを予防することができるそうです。

スポンサーリンク

アミノ酸が含まれている食品を摂る

 アミノ酸には、二日酔いの原因のアセトアルデビドを分解する効率を上げる働きがあるそうです。そして、アミノ酸の中でもグルタミンとアラニンは、胃や肝臓を守り、アルコールの分解を高める働きがあるそうです。

グルタミンとアラニンが多く含まれる食品
グルタミンが多く含まれる食品 小麦、大豆、昆布、チーズ
アラニンが多く含まれる食品 しじみ、あさり、カニ、海苔

果物を食べて二日酔いの症状を改善させる

二日酔いの原因のアセトアルデビドの分解を助ける果物は、ビタミンCを多く含んだ、オレンジ、グレープフルーツ、イチゴ、キウイ、アセロラなどを摂ると良いそうです。

また、肝臓の働きを高める効果のある、桃、マンゴーやビタミンB1を多く含んだ、ブドウ、イチヂクも摂ると良いそうです。また、果物は食欲がない場合は、ジュースにすると飲みやすくて良いそうです。

朝起きたらスポーツドリンクを飲む

スポーツドリンクには、ナトリウムイオンが含まれていて、体内の水分を保持する働きがあるそうです。

また、寝ている間は、アルコールを分解するために、肝臓が休まずに働いているので、朝、起きた時は、低血糖症になりがちだそうです。しかし、スポーツドリンクで糖分を補うことで、低血糖症を防ぐ効果があるそうです。

なので、カロリーオフのスポーツドリンクは避け、飲む時は冷えたものより常温の方が水分の吸収が早いそうです。

味噌汁には肝臓の働きを助ける効果がある

misosiru

味噌汁の味噌には、良質な発酵大豆のタンパク質とミネラルや塩分が含まれていて、肝臓の働きを助ける効果があるそうです。

また、味噌汁の具材には、アルコールの分解に役立つ、シジミ、豆腐、大根、椎茸、昆布、豚肉などを入れることで、早期の肝機能の回復に繋がるそうです。

まとめ

二日酔いを予防するには、アルコールを飲んだ後に、味噌汁を飲んで、良質なタンパク質やミネラルを摂り、肝臓の働きを助けることが大事なようですね。

ちなみに管理人は、焼酎のCCレモン割りを飲んでいますが、CCレモンで割るようになってから、二日酔いにはほとんどならなくなりました。

しかも、二日酔いの原因であるアセトアルデビドの分解にも役立つ、ビタミンCも豊富に入っているのでおすすめの割り方です。

おすすめ記事
↓↓↓

二日酔いで吐き気が止まらない時の5つの対処法!とにかく寝る

二日酔いの頭痛の時にロキソニンを飲んで良いの?副作用に注意

お腹が痩せるための短期間の方法は?ドローインの呼吸法で痩せる

お腹の脂肪を減らす4つの方法!筋トレよりも有酸素運動が効果的

お腹の腹筋が痛い時の3つの病気,急性虫垂炎の場合も

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ