不安を解消するための方法はあるの?全般性不安障害の可能性も?

不安解消するための方法はあるのか説明しています。まず、不安を解消するには、不安を取り除こうとしないことや不安を感じるのは人間の本能なので受け入れることが大事だそうです。そして理由もなく不安を感じる場合は、全般性不安障害の可能性もあり、その治療法についても説明しています。

fuan

不安を取り除こうとしない

不安を感じる人と感じない人との差は、よく不安を感じる人は、不安で自分が押しつぶされそうになっているときに、その不安を取り除こうとして、一生懸命になりすぎてしまうそうです。

そして、1日中その不安のことが何回も頭をよぎってしまうため、精神的にとても疲労してしまうそうです。一方で、不安をあまり感じない人は、不安なことがあっても、それは仕方のないことだと思い、すぐに諦めてしまうため、それ以上に不安が大きくなることはないようです。

スポンサーリンク

不安を感じるのは人間の本能

不安は人間に備わった、危険から自分自身を守るための本能で、もし、不安を感じなければ、海外旅行などで、治安の悪い場所などにいっても、警戒心が薄れるために、事件に巻きこれる可能性が高くなってしまいます。

しかし、不安が大きくなり過ぎると、精神状態が不安定になり、身体にもあまりよくないので、不安を取り除こうとせず、受け入れることが大事だそうです。不安を受け入れることで、それ以上は不安は大きくなることはないそうです。

そして、不安を感じて今まで、できなかったことなどは、思い切って実行することが、不安を解消する近道になるそうです。

全般性不安障害の可能性も

不安を感じるのは、危険から身を守るために、人間に備わっている本能だというのは、分かりましたが、普通に感じる不安は、それが安全だと確認されれば、解消されます。

しかし、理由もないのに、不安ばかりが大きくなってしまい、感情のコントロールができなくなり、その状態が続き、苦痛を強く感じる場合は、全般性不安障害という病気の可能性があるそうです。

また、この全般性不安障害には、何が原因で起こるという特定の理由はなく、自分の家庭、学校、会社などの問題や、自分とは直接関係のない、離れた地域での地震、台風などの自然災害や海外の戦争などでも、大きな不安を感じるようになってしまうそうです。

全般性不安障害の治療法

fuan2

全般性不安障害の治療法は、基本的に薬物療法と精神療法の2つがあるそうです。まず、抗不安剤が処方され、そして、その不安の原因になっている生活状況などを相談しながら、アドバイスをもらい症状を改善していくそうです。

また、薬については、できるだけ依存度の高いものは避けて、強制的に服用をお願いされることもなく、あくまで、自分自身で行える、深呼吸の方法や有酸素運動を勧められるようです。

また、全般性不安障害の症状が続くと、うつ病やパニック障害を引き起こす危険があるので、不安をいつも感じてしまって、苦痛になっている人は、心療内科で治療を受けましょう。

まとめ

不安を解消するには、一生懸命になってその不安を取り除こうとすると余計にそのことばかり考えるようになるので、まず、その不安を受け入れることが大事ですね。また、不安を感じることで、人間は本能的に自分の身を守っているようなので、あまり気にしないようにしましょう。

しかし、何の理由もないのに常に不安を感じてしまう人は、全般性不安障害の可能性もあり、その症状が長引く場合は、うつ病やパニック障害を引き起してしまう可能性があるようなので、心療内科で治療を受けることが大事ですね。

おすすめ記事

緊張をほぐすのに使う薬で市販で買えるものは?イララックの効能は?

五月病とうつ病の違いって何なの?五月病という病名は存在しない?

五月病の症状で頭痛がするのはストレスが原因?どんな時になるの?

怒りやすい人はストレスが溜まり病気になる?心臓病のリスクも?

怒りを鎮める4つの方法は?自分と他人は考えが違うのは当たり前?

スポンサーリンク



このページの先頭へ