便の臭いの4つの原因と改善方法とは?酸性腐敗便になっている?

便の臭いの4つの原因改善方法について説明しています。食べ物をよく噛まなかったり、ストレスが原因だったり、腸内環境が悪い場合や酸性腐敗便になっている可能性もあるそうです。最後に、便の匂いの改善方法について説明しています。乳製品を多く摂ることで改善できるそうです。

スポンサーリンク

便の臭いの4つの原因

  • 食べ物をよく噛まない
  • ストレスが原因
  • 腸内環境が悪い
  • 酸性腐敗便になっている

食べ物をよく噛まない

食べ物をよく噛んで食べないと、腸内にそのまま流れて行き、腐敗便になってしまい、便が臭くなるそうです。

なので、早食いの人は便が臭くなっているかも知れません。これを防ぐためには、食事のメニューに硬い食べ物を入れるのが効果があるそうです。最低でも20回は噛むように心がけたいですね。

ストレスが原因

ストレスがあると、食べ物を消化する消化酸素のペプシンの分泌が少なくなります。また、ストレスがあると小腸の働きも悪くなるので、食べ物が腸の中で停滞してしまい、便秘の状態になり、腐敗も進み、匂いも臭くなります。

スポンサーリンク

腸内環境が悪い

腸内環境が悪いと、悪玉菌が多くなり、匂いも非常に臭く、色も黒系や下痢便など形をなしていない場合が多いそうです。

逆に腸内環境が良いと、善玉菌が多いために便の色も黄土色で匂いもそんなになく、形もバナナ状で、しっかりしているそうです。

悪玉菌とは

悪玉菌は、腐敗物質を生み出し、悪臭の元になる腸内細菌の総称で、腸内をアルカリ性にする。人体に害を及ぼす、大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌などがある。

善玉菌とは

善玉菌は、腸内を酸性にし、有害な菌をやっつけてくれたり、免疫力を高めてくれる。腸内ビフィズス菌、腸球菌、ユウバクテリウムなどがある。

酸性腐敗便になっている

ben6

酸性腐敗便は、食べたものが腸内で腐った強い酸性の便のことです。揚げ物や、脂身の多い肉ばかり食べていると、食べ物の消化が上手くいかず、体内で腐敗し発酵してしてまいます。

そのときに酸性の物質が大量に生み出され、腸内が酸性気味になり、その状態がさらに進行すると、酸性腐敗便になります。

便の匂いの改善方法

ben7

便の匂いを改善するには、食生活を見直すのが一番のようです。揚げ物や肉類、コンビニ弁当、糖分入り缶コーヒーなどを多く摂ると便が臭くなります。

揚げ物や肉類を減らし、缶コーヒーも無糖に変え、野菜を多くし、ヨーグルトなどの乳製品を多く摂ることで、便の匂いを改善できるそうです。

瞬時にトイレの気になる匂いを強力消臭、人気のトイレの消臭スプレーはこちら
↓↓

まとめ

家族に便の匂いのキツイ人がいると、次に便所に入るのが嫌になりますよね。なので、家族にも、揚げ物や肉類を減らして、野菜や乳製品を多く摂れるメニューを出すようにするといいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

足の甲のむくみの4つの原因と対処法!塩分や水分を摂り過ぎない

こむら返りの原因で睡眠中になるのは何故?隠れた危険な病気とは?

足の指がつる時の5の原因と対処法!中年以降はつりやすい

膝の痛みの場所は内側と外側どっち?治療法と予防法は?

熱中症予防の高齢者対策はどうすればいいの?

スポンサーリンク



このページの先頭へ