頭のニキビで後頭部にできるのは何故?シャンプーは2日に1回で良い?

 ニキビ後頭部にできるのは何故なのか説明しています。

また、頭皮の皮脂をしっかり取ろうとして毎日シャンプーをする人がいますが、頭皮の皮脂はニキビの原因になりますが、他の刺激から頭皮を守る役割があるので、シャンプーは2日に1回程度にするのが良いそうです。

スポンサーリンク

後頭部のニキビの原因は?

koutoubu

後頭部にニキビがよくできる原因はシャンプー時のすすぎ残しや枕カバーの汚れが原因ということが考えられるそうです。

シャンプー時のすすぎ残しが原因

シャンプー後に髪をすすぎますが、頭頂部や側頭部は良くすすぎますが、後頭部の襟足部分はいがいにもにすすぐ時間が短いそうです。

しかも、襟足部分は髪をすすいで最期に水が流れる箇所なので、ここを念入りにすすがないと、頭皮の汚れや皮脂などが襟足に残ってしまい、ニキビが発生する原因になるそうです。

枕カバーの汚れが原因

枕カバーは寝ている長時間の間に後頭部と首の部分に接触しているので、汗や頭皮の皮脂で汚れてしまうそうです。そして、そのまま何日も洗わないでいると、雑菌が増殖して、ニキビの原因になるそうです。

なので、毎日枕カバーを洗濯するのは大変なので、フェイスタオルを枕に巻き数日で取り替えると、いつも清潔な状態に保てるので、後頭部のニキビの防止になるそうです。

スポンサーリンク

シャンプーは2日に1回で良い?

syanpuu

シャンプー前に髪をよくお湯でそそぐと汚れの約7割は落ちるそうです。また、頭皮の皮脂はニキビの原因になりますが、外部からの刺激から頭皮を守る役割もあるそうです。

なので皮脂をしっかり取ろうとして刺激の強いシャンプーを毎日使用することは頭皮には逆効果で、肌のトラブルの原因にもなるそうです。

そのため、シャンプーは2日に1回程度するようにして、その他の日はシャンプーを使用せずにしっかり湯洗いをすれば、頭皮を痛めずに良いそうです。

ニキビ以外の脂漏性皮膚炎の場合も

脂漏性皮膚炎の症状は、頭のかゆみ、フケが出る、1週間以上治らないのが特徴だそうです。また、男性ホルモンは皮脂分泌が多いため、女性よりも男性の方が脂漏性皮膚炎の発生が多いそうです。

しかし、はっきりとした原因は分かっておらず、ストレス、ビタミンBの不足、洗髪時のすすぎ残しが考えられるそうです。

脂漏性皮膚炎の治療法は?

脂漏性皮膚炎は成人の場合には、重症化するまで治療を受けないことが多く、慢性化して再発を繰り返すことが多いそうです。

そして、治療法は、ステロイド剤で炎症を抑えたり、菌の増殖を抑えるために、抗真菌薬での治療を行うそうです。

それと、しっかり自分でケアすることが大事なので、洗髪時はしっかりシャンプーを洗い流したり、バランスの良い食生活でビタミンBを摂り、十分な睡眠をとり、ストレスを溜め込まずに、紫外線を避けて、規則正しい生活を心がけることが大事だそうです。

まとめ

頭の後頭部にニキビがよく出来る原因は、シャンプーのすすぎ残しと、枕カバーの汚れが原因の場合が考えられるようですね。

また、シャンプーは毎日する必要がなく2日に1回程度にして、頭皮を守るために皮脂をある程度残した状態にしましょう。そして、枕カバーはフェイスタオルを巻くことで、簡単に取り替えられるので便利ですね。

最期にニキビ以外で脂漏性皮膚炎の可能性もあるようなので、重症化する前に皮膚科で治療を受けることが大事ですね。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ