足を組むと骨盤が歪むって本当なの?足を組まないようにする方法は?

組む骨盤が歪むって本当なのか説明しています。まず、足を組みかえる場合について説明し、結局、足は組まない方がいい理由について説明しています。最後に足を組まないようにする方法について紹介しています。足を組むのは、骨盤周辺の筋肉が緊張してしまい、それを和らげるために取る行動だそうです。

asikumu

足を組むと骨盤が歪む

左右どちらかの足を組むと、顔は正面を向いていますが、上半身が常に捻られる状態になります。このために、骨盤が左右に傾き、上半身もそのバランスを保つために傾くので、背骨がアルファベットのCのように傾いて、骨盤が歪む原因になるそうです。

また、足を組むことで自然と前かがみになるために、猫背になってしまいます。そして、足を組むと、骨盤が組んだ足の方に引っ張られてしまうため、骨盤が左右非対称になるリスクがあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

足を組みかえる場合は

片方の足だけずっと組んでいる場合は、同じ方向にずっと骨盤が引っ張られている状態になるため、骨盤に負担がかかり、どんどん歪みが酷くなっていくそうです。

このため、足を組みかえることで、反対側に骨盤が引っ張られるため、片方の足だけ組んでいる場合と比べると、骨盤への負担は減るそうです。

足は組まない方がいい

足を組みかえることで、前述の通り多少、骨盤への負担は減りますが、足を組むことで骨盤が歪むことは変わらないので、足を組む行為自体を止めた方がいいそうです。

また、足を交互に組むことで、それぞれの姿勢が骨盤に複雑に影響を与えてしまうので、歪みもさらに複雑化し、悪化してしまうようです。

足を組まないようにする方法

sisei

足を組みたくなったときは、骨盤周辺の筋肉が緊張で疲労が溜まっているサインなので、その骨盤周辺の筋肉をリラックスさせることが大事だそうです。

そのためには、日常の身体の姿勢を正すことが大切で、歩き方や座るときの姿勢、バッグなどの荷物の持ち方を見直すことで、骨盤周辺の筋肉をリラックスさせることに繋がるそうです。

そして、骨盤周辺の筋肉が緊張しなくなると、足を組む行為自体をしなくなるため、骨盤の歪みも改善されてくるそうです。

人気の骨盤矯正ベルトはこちら
↓↓↓

 

まとめ

足を組むと骨盤が歪むのは、骨盤周辺の筋肉が疲労が溜まり緊張した状態になるため、その緊張を和らげるために、自然と足を組んでしまうようですね。

また、足を組みかえても、余計に骨盤の歪みが複雑になってしまうので、足を組む行為自体を避けた方がいいですね。

足を組まないための対処法は、普段の歩き方、座るときの姿勢、バッグの持ち方を見直すことで、姿勢がよくなり、足を組む行為自体をしなくなるので、骨盤の歪みの改善に繋がるようですね。

管理人もつい、デスクワークで足を組んでしまいますが、これからは姿勢を正し、改善したいと思います。

おすすめ記事

腰痛の4つの治し方と正しい姿勢のとり方,筋トレで腹筋と背筋を鍛える

へそのごまの塊を簡単に取る4つの方法!市販のお掃除セットが便利!

おならが臭いそして多い時の原因は?悪玉菌の増加や炭酸飲料のせい?

便秘の腹痛と吐き気やげっぷの原因は?過敏性腸症候群の症状とは?

便秘を解消する食べ物で即効性があるのは?センナ茶の副作用に注意!

スポンサーリンク



このページの先頭へ