あくびが多い時の4つの病気の可能性とは?睡眠障害の症状とは?

あくび多い時の4つの病気の可能性を説明しています。低酸素血症は脳に十分な酸素が提供されなくなり、狭心症は、胸に痛みの症状が出ます。また、脳梗塞は、あくびと吐き気や頭痛が起こり、睡眠障害は、十分寝ているにもかかわらず、強い眠気が続くそうです。

あくびが多い時の病気の可能性

  • 低酸素血症の場合
  • 狭心症の場合
  • 脳梗塞の場合
  • 睡眠障害の場合

スポンサーリンク

低酸素血症の場合

低酸素血症の場合は、脳に酸素を送る毛細血管の一部が詰まったり、狭くなることで、脳に十分な酸素が供給されなくなるそうです。

このため、体が酸素を求めて生あくびが頻繁に出るようです。これは、脳梗塞の前触れと考えられるそうで、注意がひつようです。

治療法

低酸素血症の治療法は、その場に横になったり、座ったりして水分補給をすることが大事だそうです。もし、酸素吸入器があれば、応急手当で改善する場合もあるそうです。

また、複式呼吸で息を吐きながらお腹から空気を吐き出すことでも症状が良くなることもあるそうです。そして、アスピリンを服用するなどして、睡眠を取ることが大事だそうです。

狭心症の場合

kyousinsyou

狭心症の発作が起こると、冷や汗とともに、生あくびが出ることがあるそうです。狭心症は、冠動脈という心臓の筋肉に異常が発生することにより、一時的に心臓の筋肉に必要な血液と酸素が不足するために、胸に痛みなどの症状が出るそうです。

治療法

最も基本的な治療法は、薬物療法で血液をさらさらにする薬や、心臓の負担を軽くする薬、カルシウム拮抗薬などを使うそうです。

また、カテーテルを使用して狭くなった冠動脈内の狭くなった部分を広げる治療法もあるそうです。そして、冠動脈内の血管の先にほかの部分の血管を繋ぐ、血管バイパス療法の3つの治療法があるそうです。

脳梗塞の場合

脳梗塞の場合は、あくびと同時に吐き気や頭痛が出る場合があるそうです。脳梗塞は脳の血管が詰まることで、血液の流れが止まり、脳に酸素が行き渡らずに、脳の細胞が壊れて行くそうです。

治療法

脳梗塞の治療法は、直ぐに救急車を呼び、可能な限り早く病院で受診することが大事だそうです。また、重症の場合は当然ですが、軽症と思われる症状でも、急に症状が悪くなる危険性もあることから、必ず救急車を利用することが大事だそうです。

また、脳梗塞の最も効果的な治療法は、脳梗塞が発症してから、あまり時間が経過していない早期にしか行えないそうなので、脳梗塞の症状が出たら早急に救急車を呼びましょう。

睡眠障害の場合

suiminsyougai

睡眠障害の場合は、毎日の睡眠時間は十分にとっているのに、強い眠気が続く時は睡眠障害の可能性があるそうです。

治療法

睡眠障害の治療法は、生活習慣の見直しで改善できると言われているそうです。また、適切な時間に明るい光をあてる光療法でも生体時計を正常にリセットすることができるそうです。

また、睡眠補助薬を一週間以内の短期で服用することも効果があるそうです。しかし、ほとんどの睡眠補助薬は処方箋が必要だそうです。

処方箋なしに買える市販薬もありますが、これらの薬には特に高齢者に副作用が起こるため、医師に相談し、睡眠補助薬の安易な使用は止めた方がいいそうです。

まとめ

管理人も最近は、睡眠中の夜中や朝などに、あくびが頻繁に出ることがありますが、睡眠障害の可能性がありそうですね。

薬に頼る用法もあるようですが、高齢者などは副作用があるようなので、できるだけ光療法などの自然な方法で、睡眠障害を解消したいですね。

生活習慣の見直しで改善できるようなので、早速、実践しようと思います。

おすすめ記事
↓↓↓

物忘れがひどい時の7つの病気の可能性とは?若年性健忘症かも?

くしゃみが止まらない!?しかも風邪じゃない場合の4つの原因

鼻がむずむずする時の5つの原因!アレルギー性鼻炎の疑いも?

目がかすむ時の5つの病気と治療法!早期発見が大事

目のかゆみの2つの原因と対策,結膜炎に注意しよう!

スポンサーリンク



このページの先頭へ