顎の関節が痛いときの病気は何?食べ物が噛めないほど痛い時は?

関節痛いときの病気は何なのか説明しています。まず、顎関節症の症状について説明し、顎関節症は自然に治ることや、顎関節症の治療法と予防法についても説明しています。顎関節症は日中に上下の歯が常に噛み合って、顎に負担がかかっているのが原因なので、意識的に上下の歯を離す時間を作りましょう。

顎関節症の症状とは?

顎関節症の症状は、食事中に食べ物を噛むときに顎が痛い場合や、口を大きく開けると痛い場合、口を開け閉めすると顎から音が鳴る、といった症状が特徴だそうです。そして、こうした顎の関節の痛みや顎の筋肉の痛みのことを「顎関節症」というそうです。

スポンサーリンク

顎関節症は自然に治る

顎関節症は、そのまま放置していても、自然に痛みが取れて治るそうですが、食事中などに顎が痛くて、食べ物を噛めない程の激痛がはしる場合があります。その期間をなんとか短くするために治療をするそうです。

顎関節症の治療法は?

顎関節症の原因は、歯ぎしり、頬杖、猫背、ストレスなどがあり、歯の治療で、長時間口を開けることも、悪影響を及ぼすことがあるそうです。また、自宅でできる治療法としては、顎をマッサージしたり、温めたり、顎を正しく動かす練習を行うと良いようです。

その方法は、日頃の猫背の姿勢を正して、体に力が入らないようにリラックスし、目を閉じ、歯を離して、顔の力を抜く練習をすることで、約9割の人の顎関節症の症状が治るそうです。

顎関節症の予防法は?

gamu

顎関節症の予防法は、日頃のセルフケアが大事だそうです。人間は、日中に何もしていない時でも、上と下の歯が接触している状態のため、顎の関節に負担がかかっているそうです。

これを防ぐ方法は、ときどき歯の裏側を舌で舐めたり、唇を舌で舐めて、上下の歯が接触しない時間を作るようにすると効果があるそうです。また、ガムを前歯で噛んだり、舌でガムを転がす運動も顎の筋肉をほぐす効果があるようです。

また、顎関節症の人は、無意識に歯を噛み締めて、顎に力が入っている人が多いので、1時間に1回程度は、意識的に上下の歯を離すことを心がけましょう。

まとめ

管理人も今まさに、顎関節症の症状が出ていて、食事中に激痛が走り、食べることも辛い状態ですが、そういえば、最近、歯を噛み締めるのが癖になっていたような気がします。これが、顎関節症の症状を悪化させる要因だったようですね。

なので、1時間に1回程度は、休憩をして、ガムなどを噛んで、顎の筋肉のストレッチをしたり、上下の歯を離す時間を作り、顎に負担がかからないように、心がけたいと思います。

おすすめ記事

歯石の取り方で自分で取る方法は?手動スケーラーの使い方と注意点!

口内炎の原因で舌の側面にできる理由は?口の中を噛んで傷つけない

口臭の原因の胃の病気を改善するには?ピロリ菌を薬で除菌する

口臭を改善する4つの食べ物!野菜の植物繊維は口臭を防ぐ

口臭の5つの原因と対策!口呼吸を止めて鼻呼吸を習慣づける

スポンサーリンク



このページの先頭へ