深大寺のだるま市の2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテル!

深大寺のだるま市の2018年の日程を紹介しています。

まず、深大寺のだるま市の特徴を紹介し、メイン儀式のお練り行列について紹介しています。

次に、だるまの目入れの意味を紹介し、最後に、深大寺周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

深大寺のだるま市では、約300店の縁起だるま店が立ち並ぶそうです。

スポンサーリンク

深大寺のだるま市の2018年の日程は?

日程:3月3日と4日

アクセス

所在地:東京都調布市深大寺元町5-15-1

●電車

・京王線
調布駅(新宿より特急・準特急で約15分)
つつじヶ丘駅(新宿より急行で約20分)

・中央線・総武線
吉祥寺駅
三鷹駅

●車

・調布インターもしくは国道20号を府中方面からお越しの方
中央自動車道「調布インター」下車、
国道20号を新宿方面に直進、
「下石原交番前」交差点を左折、
武蔵境通りを直進、
「深大寺入口」交差点を右折して0.5km程で到着

・国道20号を新宿、環八、仙川方面からお越しの方
国道20号「下布田」交差点を右折、
三鷹通りを直進、
「深大寺小前」を左折して0.5km程で到着

・武蔵野、三鷹、小金井方面からお越しの方
武蔵境通りからお越しの方は「深大寺入口」で左折、
武蔵境通りと東八道路との交差点は「野崎八幡前」

・三鷹通りからお越しの方は「深大寺小前」で右折、
三鷹通りと東八道路との交差点は「航空宇宙技術研究所」

●駐車場

境内駐車場:車両祈願の方のみご利用可能。

●周辺の有料駐車場の地図

深大寺のだるま市の特徴は?

深大寺のだるま市は、「日本三大だるま市」の1つとされ、深大寺で行われる年間行事として最大の、厄除元三大師大祭の最中の3月3日と4日の2日間にわたって開催されるそうです。

また、深大寺のだるま市の起源は江戸時代の中期の約300年前とされていて、約300店の縁起だるま店が立ち並び、約6万人程度の人が訪れて身動きが取れないほど、大変な賑わいを見せるそうです。

お練り行列とは?

お練り行列は、厄除元三大師大祭の中で、メインの儀式として行われ、先頭に雅楽衆、威勢のいい木遣り衆、裃(かみしも)を着た人々と高僧による境内を歩く行列のことを言うそうです。

また、その様子は、平安絵巻のごとく優雅でお祭りの最大のハイライトシーンだそうです。そして、大師様の宝前には、百味講という供物が奉献されて、比叡山以外では、めったに聞くことができない古くから伝わるお経が雅楽をバックに唱えられるそうです。

百味講(ひゃくみこう)とは、寺院で信者らにより百味の供物が供えられること。

だるまの目入れの意味とは?

だるまの目入れは、「だるま開眼所」と言われる元三大師堂前に設置された場所で、僧侶による目入れが行われるそうです。

また、この目入れの特徴は、深大寺独自のもので、インドの古い文字が入れられ、購入したダルマの左目には「」の文字が物事の始まりの意味として開眼され、右目には「」の文字が物事の終わりの意味として入れられ、感謝するとともにお寺に奉納されるそうです。

元三大師(がんざんだいし)とは、慈恵大師とも称された、平安中期の天台宗の僧であった良源のこと。

スポンサーリンク

深大寺周辺のおすすめのランチは?

  • 深大寺門前そば本舗
  • 白金亭
  • らーめん小国

深大寺門前そば本舗

深大寺門前そば本舗は、お値段が非常にリーズナブルで、「門前もりそば(460円)」や「門前ざるそば(490円)」などワンコインでいただくことが可能だそうです。加えてそばのおかわりは一人一杯まで無料とありがたいサービスもあるそうです。

住所:東京都調布市深大寺東町8-2-5

白金亭

白金亭は、メニューはどれもアイデアが凝らされてあり、目で見ても楽しむことができて、ボリュームも十分でコストパフォーマンスも大変優れているそうです。また、評判の炭火焼ハンバーグステーキは、ステーキとしてもぴったりの上質な肉を二度挽きしたこだわりの一品で、食感がやわらかく、ボリュームもしっかりありますが女性でもぺろりと食べられるそうです。

住所:東京都調布市深大寺東町4-16-1

らーめん小国

らーめん小国は、店内に有名人のサインが数多く貼ってあり、ダントツ人気のメニューは味噌ラーメンで、ボリュームと飽きのこない味わいで地元民を魅了しているそうです。そして、もう一つの名物は大きいボリューム満点の餃子で、さっぱりラーメンとの組合せは相性バッチリだそうです。

住所:東京都調布市深大寺東町8-25-11

深大寺周辺のおすすめホテル

  • 調布クレストンホテル
  • アーバンホテル ツインズ調布
  • ホテルノービス調布

調布クレストンホテル

調布クレストンホテルは、京王線調布駅前に位置し、パルコの8階から10階がホテルになっていて、ショッピングも楽しめる人気のホテルだそうです。

料金:5,900円~27,800円(税込み)

住所:東京都調布市小島町1-38-1

アーバンホテル ツインズ調布

アーバンホテル ツインズ調布は、京王線調布駅東口から歩いて1分の所に位置し、深大寺観光に最適なホテルだそうです。

料金:4,500円~13,260円(税込み)

住所:東京都調布市布田1-47-4

ホテルノービス調布

ホテルノービス調布は、京王線調布駅から歩いて1分の所に位置し、インターネットも全室Wi-Fi完備の利用しやすいホテルだそうです。

料金:6,000円~10,000円(税込み)

住所:東京都調布市布田4-2-7

まとめ

深大寺のだるま市の2018年の日程は、毎年3月3日と4日の2日間にわたって開催されるようですね。

また、この期間には約6万人が訪れて、身動きも取れないほど混雑するようなので、だるま市の後には、紹介したおすすめのボリューム満点のランチを楽しむのも良いですね。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ