忘年会を欠席するときの理由5つとは?金欠をアピールするといい?

忘年会欠席するときの理由を5つ紹介しています。まず、はっきりとした理由を言いましょう。また、普段から飲み会に参加しないといいう方法もあります。そして、有給休暇を使う手や、定番の仮病を使うと楽ですね。かし、金欠をアピールされると、誘う方も誘いずらいので、いい方法ですね。

スポンサーリンク

忘年会を欠席するときの理由

  • はっきりとした理由を言う
  • 普段から飲み会に参加しない
  • 有給休暇を使う
  • 定番の仮病を使う
  • 金欠をアピールする

はっきりとした理由を言う

riyuu

ただ、「その日は都合が悪いので」というと「何があるの?」と理由を聞かれる場合があるので、「数年ぶりに学生の頃の同窓会があるので」や「家族旅行に行く予定があり」など、ちゃんとはっきりした理由で断りましょう。

普段から飲み会に参加しない

普段の「飲み会」なども出席しなければ、こういう会社の飲み会には「あまり参加しない人」だと思われるので、欠席しても誰も不思議に思わなくなります。忘年会に出席しても仕事が上手くいくとは限らないので、忘年会に参加してストレスを感じるくらいならば、普段の飲み会も欠席しましょう。

スポンサーリンク

有給休暇を使う

忘年会の日程が今年最後の出勤日の人は、思い切って有給休暇を使えは今年最後の仕事を休めて、休暇も1日伸びるので得した気分になります。このやり方は結構使う人もいますね。休みが1日増えるだけでも年末の計画が違ってきますから、早めに有給休暇を申請しておきましょう。

定番の仮病を使う

年末のこの時期はインフルエンザや風邪が流行るので、「みなさんにうつすと悪いので今回は欠席します」などの理由で断りましょう。自分は出席したかったと思わせることができるのでいい方法です。そのまま年末年始の休みに入る会社が多いと思うので、仕事始めに出社しても誰も気にしないでしょう。

金欠をアピールする

riyuu5

金欠をアピールすれば、誰も文句をいう人はいないでしょう。それでも先輩や同僚に何か言われてたら、「じゃあ私の分も出してください!」と少し切れ気味に言えば大丈夫です。

まとめ

今の時代は大企業といわれる正社員でも大勢リストラされたり、派遣社員も多いので人の入れ替わりが激しいので今現在、働いている会社に長く勤めるとは限りません。

なのでコミュニケーションを取るために無理に忘年会や飲み会に参加するメリットはあまりないと思います。忘年会に出席するより、自分の趣味や勉強のために時間を使った方が有意義ですね。

スポンサーリンク



このページの先頭へ