山口天神祭の2017年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

山口天神祭の2017年の日程を紹介しています。

また、山口天神祭の始まりと特徴を紹介し、最後に、山口天神祭周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

山口天神祭は、1373年に京都の北野天満宮から山口に、神仏の分霊が行われ、その後、1618年に社殿が現在の古熊神社に移されて、例祭が行われるようになったそうです。

スポンサーリンク

山口天神祭の2017年の日程

日程:11月23日

アクセス

会場:古熊神社、山口中心商店街

●電車

JR山口駅下車、徒歩15分

●車

中国自動車道山口IC、20分

●駐車場

なし

●周辺の有料駐車場の地図

山口天神祭の始まりは?

山口天神祭は、山口県山口市の三大祭りの1つとして、山口祇園祭、山口ちょうちんまつりとともに有名なお祭りだそうです。

また、会場の古熊神社は、1373年に京都の北野天満宮から山口に神仏の分霊を願い出て天神様が山口北に鎮座し、1618年に社殿が現在の古熊神社に移されて、今では、毎年11月23日に昔から伝わる御神幸行列や例祭が行われるようになったそうです。

山口天神祭の特徴は?

山口天神祭は、山口市内の商店街を中心に、江戸時代の参勤交代の様子を再現した、御網代車とともに天神様の菅原道真公の分霊を祀る、総勢300人以上御神幸行列が街を練り歩き、特に八坂神社前から古熊神社拝殿前まで行われる大名行列の備立行列は、山口天神祭の最大の見どころとなっているそうです。

また、市内のそれぞれの商店街が天神祭に合わせて、えびす祭りと言われる行事を行い、抽選会でプレゼントが当たるイベントなどが開催されるそうです。

スポンサーリンク

山口天神祭周辺のおすすめランチ

  • 紅屋
  • 宮の蕎麦 兎屋
  • ウイラニ

紅屋

紅屋は、防府市にある老舗のハンバーグ屋さんで、人気メニューの「照焼きハンバーグ」は、甘いソースとふわふわで柔らかい食感が最高で、サイドメニューのクリームコロッケやエビフライが120円で追加できるそうです。

住所:山口県 防府市 八王子 1-28-18

宮の蕎麦 兎屋

宮の蕎麦 兎屋は、地元でも人気の落ち着いた雰囲気のお蕎麦屋さんで、人気メニューの「卵かけごはん定食」は、お蕎麦もついてボリューム満点で、お腹いっぱいになるそうです。

住所:山口県 防府市 宮市町 8-22

ウイラニ

ウイラニは、防府市にある、まるでハワイにあるようなオシャレなカフェ店で、人気メニューのサラダパンケーキは、生ハムがトッピングされていて、ボリュームもたっぷりあり、とても美味しいそうです。

住所:山口県 防府市 上天神町 4-27 DI ビル

山口天神祭周辺のおすすめホテル

  • サンルート国際ホテル山口
  • 太陽堂旅館
  • 柳井旅館

サンルート国際ホテル山口

サンルート国際ホテル山口は、JR山口駅から歩いて10分の所に位置し、日本百選に選ばれたパークロードや美術館や博物館も近くにあるため、山口市の観光の拠点に最適なホテルだそうです。

料金:3,000円~19,500円(税込)

住所:山口県山口市中河原町1-1

太陽堂旅館

太陽堂旅館は、JR山口駅から市役所方面に歩いて7分の所に位置し、市内中心街にあるため、ザビエル記念聖堂や瑠瑞光寺五重塔等史跡などの観光地へのアクセスも便利だそうです。

料金:3,500円~3,800円(税込)

住所:山口県山口市米屋町2-3

柳井旅館

柳井旅館は、JR山口駅から歩いて7分の所に位置し、ゆっくり安らげる庭園があり、料金もリーズナブルで、市内観光やビジネスに最適な旅館だそうです。

料金:2,700円~6,480円(税込)

住所:山口県山口市駅通り2-13-12

まとめ

山口天神祭の2017年の日程は、毎年11月23日に開催されるようですね。また、お祭りと同時に開催される、えびす祭りでは、市内のそれぞれの商店街で抽選会が行われ、プレゼントが貰えるようですね。

スポンサーリンク



このページの先頭へ