バレンタイン2018年のチョコのプレゼントの予算はいくら?

バレンタイン2018年のチョコのプレゼントの予算はいくらなのか紹介しています。

まずバレンタインのプレゼントのメジャー的存在として君臨するチョコレートがどのくらいの予算でみんな準備しているのかを紹介し、チョコレートを贈る起源や、チョコレート以外に贈るプレゼントについても説明しています。

スポンサーリンク

チョコレートが苦手な男性も多い

%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%b3-%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88-%e4%ba%88%e7%ae%971

毎年やってくるバレンタイン、バレンタインには女性から男性にチョコを送るもの、という行事が定着しています。バレンタインにはチョコをあげるのは子供の頃から行っていると思いますが、大人になるとチョコだけでなく女性から男性に何かプレゼントをあげる必要性が出てくる事もあり得ます。

重要なのが「誰にどのくらいの予算でプレゼントするのがいいのか:という事でしょう。一般的にバレンタインにはチョコをプレゼントすることが多いですが、男性の中には甘いものが苦手な方も多く、チョコをもらっても本心では喜ばなかったり、せっかく用意したチョコも食べて貰えなかったりするのでその他に贈り物を用意する事もあるでしょう。

一体どのくらいの予算でバレンタインのプレゼンを用意しているのか紹介します。

バレンタイン2018年のプレゼントの予算はいくら?

まず、バレンタインデーの時に男性にプレゼントするものの代表格としてチョコレートがあげられますが、実際に一人当たりどのくらいの予算でバレンタインチョコを用意するのかを紹介します。

ネットで調査をしたところ、20代~40代までの女性にバレンタインデーに用意するチョコレートの予算を調査したところ、彼氏や大切にしている人へのチョコレートの予算は「最大1000円」という事でした。

若い女性全体のうちほとんどの方が本命の彼に送るチョコの予算でも、一人あたり2000円以上かけることはなかったそうです。

意外に思うかもしれませんが見栄えの良い有名ブランドのチョコレートでも、男性がつまんで十分に感じるパッケージの量で1000円当たりで購入することができ、チョコレートは女性にとってコストパフォーマンスの良いプレゼントと言えそうです。

スポンサーリンク

日本でチョコを贈る習慣が根付いたのはいつから?

日本にバレンタインデーにチョコを贈る習慣が根付いたのは、1975年頃から定着した、といううのが一般的なデータとして残っています。

日本で最初にチョコレートを贈るキャンペーンが展開されたのは、なんと戦前である昭和11年で、モロゾフというメーカーが「バレンタインデーにはチョコレートを贈りましょう」というキャンペーンを展開し、その後戦後昭和33年にチョコレート会社の営業主任が、ヨーロッパの知人からバレンタインデーの習慣を聞き、日本でもチョコレートを売ろうとキャンペーンを展開したのが本格的なバレンタインデーの始まりだと言われています。

しかし、最初のバレンタインデーキャンペーンで売れたチョコレートの数は、わずか5個だという話です。

★人気の生チョコレートはこちら ↓↓↓

 

本命未満の彼へのチョコレートの値段は?

%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%b3-%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88-%e4%ba%88%e7%ae%972

一般的に女性の間で「本命」と言われているまだ付き合っていない時の男性に贈るときに使うチョコレートの値段は、一般的に普通の男性に贈るチョコレートの値段よりも割高になっているようです。

本命の男性以外に贈るチョコレートの値段が高くても1000円を越えないのに対して、女性が付き合おうと考えている男性に贈るチョコレートの予算は平均して2000円から3000円ぐらい使う女性が多いようです。

やはり、自分の意中の相手に対しては予算にこだわらないという女性の心理が現れているのでしょう、また本命の男性へはチョコレートを渡すだけはなく、その後食事に誘うなど次の展開につなげるように工夫をしている女性が多いようです。

また、本命の男性が甘いものが苦手という場合には、ネクタイや小物を贈る女性も多いようです。

まとめ

バレンタインデーに贈られる物の予算としては、チョコレートよりも小物やネクタイなどの方が予算が高くつくようです。なかなか男性は普段からチョコレートを買うような習慣を持っている人が少ないので、男性は自分がもらったチョコレートがどのくらいの値段なのか把握している事はほとんどないと言っても過言ではないでしょう。

なので、昔からチョコレートは予算に関係なくもらったら喜ばれるものとして、少しずつ定着し今では一般的なイベントして贈られているのかもしれません。

男性は甘いものが苦手な方も多いので、チョコレートを贈る前に甘いものが食べられるかどうか事前にリサーチをしておくのも良いかもしれません。

またビターなチョコレートなど甘いものが苦手な男性でも食べられるチョコもありますので、是非調べてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



このページの先頭へ