酉の市の2017年の新宿花園神社の日程は?見世物小屋とはなに?

酉の市の2017年の新宿花園神社の日程とみどころを紹介しています。

まず、酉の市の2017年の日程を説明し、そして、花園神社の酉の市はいつ始まったのか歴史を紹介しています。最後に、新宿の花園神社名物の「見世物小屋」とはどういうものなのか紹介しています。

スポンサーリンク

2017年の新宿「花園神社の酉の市」日程

hanazono

酉の市の2017年の新宿花園神社の日程は

一の酉が11月5日(日)が前夜祭で6日(月)が本祭。
二の酉が11月17日(金)が前夜祭で18日(土)が本祭。
三の酉が11月29日(水)が前夜祭で30日(木)が本祭。

となっています。

【アクセス】

 

[電車]
●東京メトロ丸の内線・副都心線・都営新宿線「新宿三丁目駅」E2出口 徒歩0分
●JR・小田急線・京王線「新宿駅」東口 徒歩7分

[車]
●首都高速4号新宿線 新宿出口より5分

[バス]
●都営バス 品97系統 新宿西口行き 「新宿三丁目」徒歩3分
●都営バス 早77系統 早稲田行き「新宿伊勢丹前」徒歩3分

かなりの混雑が予想されますので、公共の交通機関を利用されることをおすすめします。

スポンサーリンク

花園神社の酉の市はいつ始まった?

花園神社の酉の市は、浅草の鷲神社の酉の市とともに有名で、明治時代に始まり、日本武尊の命日である11月の酉の日に行われるように なったそうです。商売繁盛の熊手を売る露天の声は師走を迎える新宿の街には欠かせない風物詩で、毎年60万人の人が訪れるそうです。そして貴重な花園神社 名物の「見世物小屋」を観る事が出来る絶好の機会だそうです。

日本武尊とは

日本武尊(やまとたけるのみこと)は古事記と日本書紀の伝説上の英雄で、さまざまな伝説が残っている。

新宿の花園神社名物の「見世物小屋」とは?

新宿の花園神社名物の「見世物小屋」とは、東京にある日本最期の興行会社の大寅興行社が興行を行っている今では大変希少なものだそうです。

「見世物小屋」とは

「見世物小屋」とは普段見ることの出来ない、品や芸、獣、などを見せる小屋のこと。昭和30年頃までは寺社のお祭りや縁日などで小規模な露天と共にさかんに興行されていたが、現在では「見世物小屋」自体が、場所が確保できない、時代に合わないとの理由で大きく衰退している。

まとめ

新宿の花園神社名物の「見世物小屋」は今では大変希少なものらしいですね。江戸時代の頃は今でいうサーカスや動物園、パフォーマーなどの要素を含んでいたそうです。興行主も大寅興行社の1社のみなので、今のうちに観ておきたいですね。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ