秩父の芝桜の時期で2018年は?周辺のおすすめランチとホテルは?

秩父の芝桜の時期で2018年について紹介しています。

また、入園料やアクセス、駐車場についても説明し、芝桜の原産地や花言葉の意味と由来についても紹介しています。

最後に、秩父の芝桜周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

芝桜を鑑賞できる期間は、駐車場が有料になり、交通規制が行われるそうです。

スポンサーリンク

秩父の芝桜の時期で2018年は?

芝桜の開花シーズンは4月中旬から5月上旬ということです。

秩父の名所「芝桜の丘」では約17,600m2の広さに9種類、約40万株の芝桜が植えられていて4月上旬から5月上旬の間は全体が桃色と白に塗り分けられるそうです。

また、芝桜というのは2000年より植えられ始めて、その後に知名度が広まって数多くの行楽客が訪問するようになってきたそうです。

入園料

見頃の期間のみ入園料が発生するそうです。

一般:300円

一般団体(20名以上):250円

※中学生以下は無料

有料期間と時間

花の見頃の時期入園時間:8時~17時

その他

障害者手帳、療育手帳又は、精神障害者保険福祉手帳の交付を受けている方は、ご提示の上、入園料が無料

アクセス

※鉄道

西武鉄道横瀬駅から徒歩約1.4km、西武秩父駅から徒歩約1.5km

秩父鉄道御花畑駅(芝桜駅)から徒歩約1.5km

※車

関越自動車道花園ICから国道140号、皆野寄居バイパス利用約25km

圏央道狭山日高ICら国道299号を約39km

※カーナビへの入力は秩父市大宮6360

駐車場

羊山公園内の駐車場が満車の場合は周囲の臨時駐車場をご利用くださいとのことです。

また、芝桜の期間中は、公園周辺はかなりの交通渋滞が起きるそうなので、公共の交通機関や無料シャトルバスを利用する方が良いそうです。

スポンサーリンク

芝桜は北米が原産?

芝桜は、北米原産で英名は「モスフロックス」と言われていて、同属の全てがフロックス(観賞用の花)と呼ばれるそうです。

芝桜は、4月~5月の期間にサクラのような形状の淡桃(たんとう)、赤、薄紫、または純白の花を咲かせるそうです。

また、葉は1センチくらいと小振りで硬いということです。そして、よく枝分かれし地面を覆い尽くすかのように密生するのが特徴だそうです。

さらに、寒さ暑さ乾燥に強くて年間を通して緑の葉の為に芝生の代わりに植えられることもあるそうです。

芝桜の花言葉の意味と由来は?

芝桜は誕生花としては4月20日となっていて、花言葉については「臆病な心」「合意」「一致」「忍耐」「燃える恋」「華やかな姿」「一筋」となっているそうです。

花言葉の意味としては、つらい環境にも屈しない強さと、小っちゃくても屈強な生命力を持っていて花を増加させる特性が由来と言うことです。

秩父の芝桜周辺のおすすめランチ

  • 野さか
  • わへいそば
  • 安田屋 日野田店

野さか

野さかは、ボリューム満点の味噌豚丼が食べられる人気のお店で、秩父でお肉と言ったら「野さか」と言われるほど美味しいそうです。

住所:埼玉県 秩父市 野坂町 1-13-11

わへいそば

わへいそばは、秩父駅から歩いて歩いて10分の所に位置する地元で人気のお蕎麦屋さんで、昔からの名物の「田舎そば」が食べられるそうです。

住所:埼玉県 秩父市 中村町 1-4-13

安田屋 日野田店

安田屋 日野田店は、秩父名物の「わらじカツ丼」が食べられるお店で、わらじの様な大きいカツが乗っていて、枚数は選べるようになっているそうです。

住所:埼玉県 秩父市 日野田町 1-6-9

秩父の芝桜周辺のおすすめホテル

  • 旅籠 美あさ
  • ホテルルートイン秩父
  • 第一ホテル秩父

旅籠 美あさ

旅籠 美あさは、羊山公園の近くに位置し、お部屋に露天風呂があり、芝桜の観光に最適なホテルだそうです。

住所:埼玉県秩父郡横瀬町横瀬5070-8

ホテルルートイン秩父

ホテルルートイン秩父は、西武秩父駅から歩いて3分の所に位置し、和洋朝食が無料で食べられる、ゆっくりくつろげるホテルだそうです。

料金:5,225円~10,450円(税込み)

住所:埼玉県秩父市野坂町2-3-18

第一ホテル秩父

第一ホテル秩父は、秩父鉄道秩父駅前から歩いて1分の所に位置し、館内の1Fには居酒屋がある、秩父観光に最適なホテルだそうです。

料金:4,100円~7,200円(税込み)

住所:埼玉県秩父市宮側町5番1号

まとめ

秩父の芝桜の開花は、4月中旬から5月上旬の1ヶ月弱がシーズンのようですね。

また、芝桜の期間中は、公園周辺はかなり混雑するようなので、公共の交通機関を利用する方が行き帰りも疲れなくて良いようですね。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ