体育の日の由来は東京オリンピック?2016年の体育の日はいつ?

体育の日由来は東京オリンピックだそうです。それと2016年の体育の日はいつなのか調べてみました。

2016年、今年の体育の日は10月10日(月)です。国民の祝日として制定された1966年当初は、曜日に関係なく、毎年10月10日がと決められていたそうです。

スポンサーリンク

何で10月10日が体育の日になったのか?

ori

体育の日が10月10日になった理由は1964の東京オリンピックの開幕日に由来するそうです。国民がオリンピック景気に浮かれる中で、「東洋の魔女」と呼ばれた、日本の女子バレーボール代表が金メダルを獲得するなど、アジア初の夏季五輪で、金メダル16、銀メダル5、銅メダル8個の計29個のメダルを獲得したそうです。

スポンサーリンク

「東洋の魔女」

ori2

「東洋の魔女」とは、昭和30年代に活躍した日本代表の女子バレーボールチーム呼び名で、昭和39年、1964年の東京オリンピックでは強豪のソ連(現ロシア)チームを破り見事に金メダルを獲得した。

スポーツ振興くじtotoの日でもある

ori3

10月10日は各地でスポーツのイベントが開かれてきましたが、この日はスポーツ振興くじ普及のための「totoの日」(語呂合わせ)でもあるそうです。それと、プロ野球の金田正一氏が投手として通算400勝を達成した日でもあるそうです。

ori5

「toto」

「toto」とはJリーグの指定された試合の結果や各チームの得点数を予想し、的中すると払戻金を受け取れる、公営ギャンブルの一種。

「金田正一氏」

「金田正一氏」とは元プロ野球選手で、愛知県生まれの81歳、昭和25年(1950)に国鉄(現ヤクルト)に入団し、剛速球投手として活躍した。ノーヒットノーランや完全試合を記録し、後に巨人に移籍して通算400勝のプロ野球記録を達成。

東京オリンピックの名実況

開会式は現在、2020年に向けて建替え中の国立競技場が舞台で、前日の大雨から一転し、雲ひとつない青空が広がり、航空自衛隊のアクロバット飛行隊の「ブルーインパルス」がその青空に5色の五輪マークを描いたそうです。そして約8000羽の鳩が東京の空へ放たれ、中継したNHKアナウンサーの北出清五郎氏の

「世界中の秋晴れを全部東京に持ってきてしまったような、素晴らしい秋日和でございます」

の名実況に日本中が感動に包まれたそうです。

まとめ

体育の日は制定された当初は10月10日で固定されていたようですね。そういえば子供の頃の記憶でも10月10日が体育の日と印象が強いですね。2000年の平成12年から「ハッピーマンデー制度」の制度の適用により、10月の第2月曜日になったそうです。

「ハッピーマンデー制度」

「ハッピーマンデー制度」とは、日本が国民の祝日の一部を従来の日付から特定の月曜日に異動させた法改正のこと。
スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ