ホワイトデーの日にちで2018年はいつ?人気のお返しと予算は?

2018年のホワイトデーの日にちについて紹介しています。

2018年のホワイトデーが何日なのか、そして何曜日なのかを説明し、ホワイトデーを忘れずバレンタインデーのお返しを準備しておく重要性を説明しています。

また、ホワイトデーのお返しには何を準備すればいいのか、人気のお返しと予算も合わせ紹介しています。

スポンサーリンク

ホワイトデーの日にちで2018年はいつ?

それでは2018年のホワイトデーはいつなのか、なのですが2018年のホワイトデーはずばり3月14日の水曜日になります。

バレンタインデーにチョコを女性から受け取って、お返しをしないといけないと思って「ホワイトデーって何日だったかな?」と思ってしまいますが、ホワイトデーは3月14日と日にちはすでに決まっているので、その年は何曜日なのか?を確認しておけば問題ないでしょう。

彼女や奥さんからバレンタインデーにプレゼントをもらった、という男性はしっかりとホワイトデーの日程を確認し、前もってデートなどのプランを立てて計画しておけば、相手を喜ばせてあげる事になります。

ホワイトデーは前もって準備をしておこう

男性にとってバレンタインデーで、チョコレートや贈り物がもらえるかどうかというのは、何歳になっても気になってしまうものです。しかし、もらうことばかり考えてホワイトデーにお返しをする事を忘れてしまってはせっかくプレゼントをくれた女性の気持ちも冷めてしまいます。

また、義理チョコといったプレゼントに対しても、しっかりと考えてホワイトデーにはお返しをしないといけません。その場合はあまり高価なものをあげても勘違いされてしまいますし、逆に安物で済ませてしまっても…と考えて悩んでしまいがちです。

まずはバレンタインデーで女性からプレゼントを受け取ってしまっても困らないように、2018年のホワイトデーはいつで何曜日なのか、しっかり確認をしておきましょう。

スポンサーリンク

ホワイトデーの予算はいくら?

バレンタインデーに義理チョコをもらう男性は、3月14日のホワイトデーにはきっちりとお返しをしないといけないとお悩みの方も少なくないと思います。

男性はどのくらいの予算でお返しを考えて、女性はどのくらいのものを望んでいるのかがわかれば、自ずと準備もしやすくなってきます。

結婚されている方はホワイトデーのお返しは奥さんが用意してくれているよ!という方もいらっしゃると思いますが、ホワイトデーの事情を知っていても損はしないことでしょう。

世の男性が義理チョコをもらった場合のお返しとして考えている予算は、社会人の方で平均して2000円~3000円程度で考えている方が多いです。

それに対して義理チョコを贈った女性の場合は、あまりお返しに期待はしていないのか1000円程度のお返しをプレゼントしているみたいです。

★人気の生チョコレートはこちら
↓↓↓

 

ホワイトデーにはどんなお返しが喜ばれるの?

%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%87%e3%83%bc-%e6%97%a5%e3%81%ab%e3%81%a1-20171

もし会社やサークルなど、女性たちが合同で男性全員にチョコをプレゼントした、という場合はチョコの予算もかなり抑えられているはずなので、その場合は女性全員に分けられるちょっと高価なお菓子などを準備すると良いでしょう。

失敗しないお返しとしては、もらった金額よりもちょっと上回る程度のプレゼントを準備する、という気持ちでいれば失敗はしないようです。

バレンタインに義理チョコを贈る女性は、一個あたり500円から、豪華なもので1000円程度のチョコを準備する場合が多いようです。

なのでもし義理チョコのお返しを考えないといけない場合は1000円前後のちょっと普段は変えないようなご褒美的なお菓子などをプレゼントすると、失敗せず喜ばれるでしょう。

まとめ

もらったらお返しをしないといけない、男性は結構ずぼらな感覚の人が多いので、忘れてしまってしまいがちなホワイトデーのお返しですが、女性はプレゼントされる事を期待しているのではなく、してあげた事に対してお返しをしてくれる事を望んでいます。

めんどうくさがらずにマメに準備をしてお返しをしてあげるだけでも、職場の環境が良くなったりするものです。

ホワイトデーの日にちを忘れないようにし、ホワイトデーに女性が喜ぶ義理チョコのお返しを把握しておけば怖いものはありません。

女性が喜ぶお返しの代表としては、クッキーやチョコレート、ケーキなどやはり休憩中に楽しめるお菓子、職場でみんなで分け合えるものが喜ばれる傾向にあるようです。

ホワイトデーをしっかりと確認し、人間関係をしっかりと良くしてゆきましょう。

スポンサーリンク



このページの先頭へ