春分の日の2018年の日にちは?振替休日になる条件は?

春分の日って一体どんな日だったでしょうか。その年によって変わる春分の日について紹介しています。まず、春分の日がいつになるのかを説明し、なぜそうなるのかの理由についても紹介しています。また、祝日が振替休日となる条件と、春分の日とカレンダーとの関係についても紹介します。春分の日はお彼岸とも関わり深い日です。

スポンサーリンク

2018の春分の日はいつ?

春分の日 2016 振替1

2018年の春分の日は3月21日です。春分の日は毎年巡ってくる「国民の祝日」ですが、その日にちは「春分日」による、と定められてるのです。ですから元日が1月1日、こどもの日が5月5日というタイプとは異なり、日にちが変化する場合があるのです。

「春分日」が年によって違う理由は?

では「春分日」は何故変わるのでしょうか?それは「春分日」が決定されるには、国立天文台の観測によって得た天体の情報を根拠にしているためです。一年が365日であることは常識ですが、実際には約6時間長いため365日と6時間ほどになります。そうなると、「春分日」も少しずつずれていく……というしくみです。こうして「春分日」が変わるので、春分の日も変わるのですね。

振替休日になる条件は?

ほとんどの場合、祝祭日と日曜日が重なった時に振替休日になるようです。その場合、日曜日の代わりに月曜日がお休みになりますので、土・日・月の三連休が生まれることになります。

この条件と同じで、「春分の日」が日曜日に重なる年は振替休日になると考えられます。

スポンサーリンク

2018年春分の日の振替休日は?

2018年の春分の日は、3月21日(水)なので、週の真ん中にぽつりと浮かぶ形となり、振替休日は発生しません。

春のお彼岸について

春分の日 2016 振替2

さて、そんな「春分の日」ですが、それだけではなく「お彼岸」にも結び付きのある日だということを忘れていませんか?「春分の日」とその前3日と、後ろ3日を含んだ一週間の間を「お彼岸」といいます。一般的に、お彼岸にはご先祖のお墓参りに行くことが多いようです。普段会わない家族や親族とも顔を合わせるよい機会かもしれませんね。

まとめ

春分の日はその年によって、一日程度のずれがあることがわかりました。祝日と振替休日のしくみは、他の日でも同じものですのでカレンダーと一緒に確認するとよさそうです。

また、春分の日はお彼岸の期間を理解するポイントでもありますから、覚えればきっと暮らしに役立つことと思います。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ