節分の豆まきの3つの由来とは?子どもに分かりやすく伝えるには?

節分の豆まきの3つの由来と豆をまく時の5つのルールについて説明しています。まず、節分の始まりについて紹介し、豆まきのルールの、豆の種類、豆まきは夜にする、豆まきをするのは一家の主、豆をまく時の掛け声、豆の食べ方の5つを紹介しています。また、節分を分かりやすく子どもに説明する方法も紹介しています。

スポンサーリンク

節分の豆まきの由来は?

setubun

  • 節分の始まりは古来の中国
  • 節分が日本に広まったのはいつ?
  • 豆をまく理由は?

節分の始まりは古来の中国

節分が始まったのは古来の中国だそうです。また、節分の時期は立春の前日で、新暦でいうと2月の3~4日、旧暦では元旦から7日頃だそうです。

節分が日本に広まったのはいつ?

節分が日本に広まったのは、奈良時代の文武天皇の頃に、諸国に疫病が広がり、その時に鬼払いの儀式を行ったことが始まりとされているそうです。

また、平安時代になると、大晦日の夜、陰陽師たちにより宮中で盛大に行われる行事になったそうです。そして、現在の「鬼は外、福は内」の口上は室町時代に始まり、江戸時代の中頃では、寺社の行事としても定着し、民間にも広がって行ったそうです。

スポンサーリンク

節分を分かりやすく子どもに説明するには

setumei

節分を分かりやすく子どもに説明する時は、難しい時代背景などは説明せずに、昔は寒い季節になると風邪を引いてしまうのは、悪い鬼のせいだと言われていて、その鬼をを追い払うために「鬼は外!福は内」と言うようになったと、シンプルに伝えるのが良いですね。

豆をまく理由は?

豆をまく理由は、節分の季節はまだ寒さが厳しい2月なので、風邪を引いたり、体調の悪い人が多くいたそうです。

これを昔の人々は鬼が原因で引き起こされると考えていて、この鬼を追い払うために、節分に豆をまく習慣になったそうです。また、節分にまく大豆は、五穀米の一つで精霊が宿るとされていて、神事にも使われていたそうです。

豆をまく時のルール

  • 豆の種類
  • 豆まきは夜にする
  • 豆まきをするのは一家の主
  • 豆をまく時の掛け声
  • 豆の食べ方

豆の種類

豆の種類は、大豆を煎った「福豆」を使うそうです。しかし、節分の時期になると、スーパーで普通に売っているので、そのまま豆まきに使えるそうです。

豆まきは夜にする

豆まきを夜にする理由は、鬼が家にやってくるのは真夜中だとされているためのようです。

豆まきをするのは一家の主

豆まきをするのは一家の主で、厄年の人がまくこともあるそうです。しかし、最近ではあまり拘りはなく、家族みんなで豆をまくのが一般的だそうです。

豆をまく時の掛け声

豆をまく時の掛け声は、家の中から窓を開け外に向かって、「鬼は外!」の掛け声とともに豆をまきます。その後すぐ、鬼がまた戻ってこないように窓を閉めて、「福は内!」と掛け声をかけながら部屋に豆をまきます。このように家の部屋全部を周り豆をまき、最期に玄関で豆をまくそうです。

豆の食べ方

mame2

豆の食べ方は、豆まきが終わった後に、厄除けのために自分の年齢より一つ多い数の豆を食べるそうです。

理由は、江戸時代では立春から一年が始まるとされていて、その前日に節分の行事が行われていたため、来年のためにという願いで、年齢プラス一個が加わったそうです。

まとめ

節分の始まりは古来の中国からのようですね。その後、奈良時代に日本に伝わり、疫病の厄払いの儀式として、鬼を追い払うために豆をまいたことが日本の節分の由来のようです。

管理人も子供の頃に家族で豆まきをした記憶がありますが、その時は豆といっしょに飴や小銭もまかれていたような気がします。それを子供たちが競って拾って楽しかったですね。

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ