節分にいわしを食べるのは何故?いわしの頭を玄関に飾る理由は?

節分にいわしを食べる事の由来と、その効果や意味を紹介しています。

まず節分にいわしを食べることによってどのような効果があるのか、そしていわしを食べるだけではなく魔除けや鬼除けに使う地方がある事、そしてどのように使っているのかも合わせて紹介しています。

いわしが魔除けや鬼除けとして使われる理由も合わせて説明しています。

スポンサーリンク

節分にいわしを食べるのは何故?

%e7%af%80%e5%88%86-%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%97-%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%82%8b1

日本では一年を通じて様々なイベントを行っていますが、昔から変わらずに行い続けたい行事として代表的なものとしてはお正月と節分があげられるのではないでしょうか?

特に節分は豆まきや恵方巻を始め地方によって特色のある行事を行っており、その時に食べるもも各種違っています。また節分に食べる物として豆や恵方巻の他にはいわしを食べる事が多いです。

いわしは食べられるだけではなく、玄関に飾られる事も多いのですが独特な習慣として今でも行っている家庭は多いのも特徴です。節分にいわしを食べる由来や理由について、また飾る由来や飾り方、飾る日やどのくらい飾っておくものなのかというのを今回は説明したいと思います。

いわしは昔は猫もまたいで通ると言われたほど沢山取れていたのですが、現在はその数も少なく値段も高くなっています。

いわしを食べる習慣はなぜ発生したの?

節分の行事としていわしを食べたリ、いわしを飾る習慣が残っているのは主に西日本だと言われていますが、他の地方では、けんちん汁を食べたリ、こんにゃくを食べたり、地方によっては節分そばと呼ばれる特別なそばを食べる地方もあります。

季節の節目に何か特徴的な食材を食べる事で、縁起を担いだり一年の無病息災を祈る願いを込めている事は全国共通して行われています。

今回は特にいわしがなぜ食べられるようになったか、という事ですが、いわしを食べるようになった由来は諸説あり、有力な説としてはいわしは魚辺に弱いと書く魚という事、また、いわしは特に痛みやすい魚であることから、弱さや病弱さを表現した魚であると言われてきました。

それを節分の時期に弱さを食べることによって一年の健康を願う意図があったようです。

スポンサーリンク

いわしの魔除け厄除け効果とは?

2月3日の節分の次の日である立春は、旧暦の元旦に当たる日です。新しい年を迎えるにあたり、一年を無病息災で過ごす厄除けを意味も含めて、弱さや痛みやすさの象徴であるいわしを食べる事が昔から行われてきました。

また、いわしにはその臭いと同時に、焼いた時にでる煙にも魔除けや病気を払う効果があるとされているので、節分にいわしを食べる際には焼き魚にして食べるのがより効果的であると言えるでしょう。

昔から魔除けや厄除けには光るもの、とがったもの、臭いのあるものが使われてきました。いわしは青魚で新鮮なものは身体が銀色に光っており、また魚特有の臭いもあります、そして身体はとがっているので、昔の人は厄除け、魔除けの為にいわしを使ったと言われています。

いわしの頭を玄関に飾る理由は?

%e7%af%80%e5%88%86-%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%97-%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%82%8b2

いわしは魔除けの為の条件も備えているので、節分には柊の小枝といわしの頭で魔除けの飾りを作って飾る地方もあります。この魔除けの飾りは「柊鰯(ひいらぎいわし)」「節分鰯(せつぶんいわし)」などと呼ばれ、西日本では「焼嗅(やきかがし)」とも呼ばれ毎年飾られているものです。

節分に尖った柊の枝と臭い魚であるいわしの頭を飾るのは、鬼の侵入を防ぐ効果があり、尖った柊の葉は鬼の目を刺すと言われています。この柊と鰯の組み合わせには昔から続けられている物であり、古くは平安時代から使われていることが文献からわかっています。

まとめ

今は全国的に節分の時期は、豆まきと、恵方巻を食べることが広まっていますが、地方によっては一年の始めに、一年間無病息災を願い、鬼を追い払い魔除けや厄除けを願って様々なものを食べたリ、玄関や軒先に飾ったりしていました。

現在は昔からの習慣を守っている人は地方には見られますが、都市部ではなかなか少なくなってしまいました。住宅事情も昔と変わっているので仕方のないことなのかもしれません。

しかし、いわしは昔と比べて価値が見直されている魚です。節分のタイミングに食べるだけではなく、いわしは旬の時期にはとても栄養価が高く健康にも効果が高い食品なので是非積極的に食べていきたい食品であります。

また、いわしの旬は6月から10月と言われています。昔は旬の時期以外はなかなか食材を手に入れることができなかったため、魔除けとしてだけでなく冬のいわしの価値も高かったのだと考えられます。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ