節分の恵方巻きを食べる方角の2018年は?簡単に分かる方法は?

節分の恵方巻きを食べる方角の2018年は?簡単に分かる方法は?

節分の恵方巻きを食べる方角の2018年について紹介しています。まず、恵方の意味について説明し、次に、恵方の決め方を紹介しています。最後に、恵方巻きの食べ方も紹介しています。恵方の方角は、その年の西暦の末尾で恵方の方角が簡単に分かるそうです。恵方巻きは無言で食べる決まりがあるそうです。

スポンサーリンク

節分の恵方巻きを食べる方角の2018年は?

2018年の方角は南南東

ehoumaki

  • 恵方とは?
  • 恵方の決め方は?
  • 恵方巻きの食べ方は?

恵方とは?

恵方とは、その年の歳徳神様のいる方角のことで、その方角は毎年変わるそうです。今では、節分の恵方巻きを食べる方角くらいしか気にしませんが、本来は、初詣もその年の恵方の方角の神社に参ったり、初めての事を行う場合も恵方の方角に向かってするなど、昔は今より頻繁に行われていたそうです。

歳徳神(としとくじん)とは

tokutokuzin

歳徳神は、恵方の方角にいる神様のことで、その年の福徳を司る神様と言われている。

スポンサーリンク

恵方の決め方は?

ehoumaki3

恵方の決め方はルールがあり、「十干」と関係していて、その年の西暦の末尾で恵方の方角が分かるそうです。

恵方の方角
甲の方 甲と乙の年で、西暦の末尾が4、9 方角は東北東
庚の方 庚と乙の年で、西暦の末尾が0、5 方角は西南西
丙の方 丙、辛、戊、癸の年で、西暦の末尾が1、3、6、8 方角は南南東
壬の方 壬と丁の年で、西暦の末尾が2、7 方角は北北西

このことから恵方巻きを食べる2018年の方角は北北西であることが分かりますね。

十干(じっかん)とは

十干とは、古代中国から発生したもので、時間と空間をあらわすため使用された、甲(こう)、乙(おつ)、丙(へい)、丁(てい)、戊(ぼ)、己(き)、庚(こう)、辛(しん)、壬(じん)、揆(き)の総称。

恵方巻きの食べ方は?

恵方巻きの食べ方は、「無言で食べる」という決まりがあるそうす。理由は、食べている最中に、「願い事をお祈りする」とされているからだそうです。そして、他にも、「目を閉じて食べる」、「笑いながら食べる」という説もあるそうです。

まとめ

管理人は九州出身ですが、節分には豆まきをしていましたが、恵方巻きを食べる習慣はありませんでした。

調べてみると、恵方巻きは元々、大阪のごく一部の地域で、「節分には海苔巻きを食べる」という習慣があり、これに乗じて昭和の初め頃から、すし屋と海苔屋が販促キャンペーンを行い広まっていったそうです。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ