仙台初売りの2018年の日程は?周辺のおすすめランチとホテルは?

仙台初売りの2018年の日程を紹介しています。

まず、仙台初売りの始まりと特徴を紹介し、仙台初売りの販売期間を紹介しています。

最後に、仙台初売り周辺のおすすめランチとホテルを紹介しています。

仙台初売りは、伊達家が1月2日に行っていたとされる米の「買い初め」と商人の「売り初め」が行事になったとものと言われているそうです。

スポンサーリンク

仙台初売りの2018年の日程は?

日程:1月2日と3日

アクセス

会場:仙台市内各商店街

●電車

JR仙台駅

●車

東北自動車道仙台宮城IC、10分

●周辺の有料駐車場の地図

仙台初売りの始まりは?

仙台初売りは、1584年伊達輝宗が伊達家の家督を相続するために伊達政宗にあてた書物の中で、1月2日に城下で米を買う「買い初め」という文字が記されていることから、初売りの「売り初め」もこの日に行っていたと言われているそうです。

そして、この初売りの行事は、江戸時代に庶民に広く伝り、現在のような商品に景品を付ける習慣もこの頃に定着したと考えられているそうです。

仙台初売りの特徴は?

仙台初売りは、福袋に豪華な景品や特典が付けられることで有名で、お目当ての福袋を買うために、徹夜組が並ぶほど人気があるそうです。

また、福袋は大きな「茶箱」になっていて湿気対策も効果的なため、衣類や幹部の保管用に昔から市民に親しまれているそうです。

仙台初売りの販売期間は?

この景品や特典付き福袋は、仙台の伝統行事として、公正取引委員会より、特別に認めれられていて、本来は、景品表示法の不当廉売にあたる可能性があるため、福袋の販売は特別に3日以内の販売期限が定められているそうです。

このことから、4日以降の景品や特典付き福袋の販売は認められていないそうですが、4日以降は商品の値段を下げたバーゲンセールが行われることが多くなってきているそうです。

スポンサーリンク

仙台初売り周辺のおすすめランチ

  • らーめん くろく
  • みずさわ屋
  • びそば えび助

らーめん くろく

らーめん くろくは、仙台市内にあるとてもオシャレなラーメン店で、おすすめメニューの「黒醤油ラーメン」は、鳥の出汁が効いたスープとモチモチ麺の相性が抜群だそうです。

住所: 宮城県仙台市宮城野区榴岡2-2-12 アーバンライフ橋本 1F

みずさわ屋

みずさわ屋は、仙台市で一番美味しいと評判の年中行列が絶えないほどの人気のラーメン店で、人気メニューの「中華そば」は、リピータが続出するほどで、毎日食べても飽きない味だそうです。

住所: 宮城県仙台市青葉区栗生5-22-3

えびそば えび助

えびそば えび助は、エビの出汁が効いたスープが美味しいと評判の人気のラーメン店で、ランチ時には連日行列ができるほど、美味だそうです。

住所: 宮城県仙台市青葉区国分町3-8-7

仙台初売り周辺のおすすめホテル

  • スーパーホテルInn仙台・国分町
  • リッチモンドホテル仙台
  • ホテルグリーンシティ

スーパーホテルInn仙台・国分町

スーパーホテルInn仙台・国分町は、県庁、市役所、区役所まで歩いて5分の所にあり、無料の朝食バイキングが食べられ、男女交代制の大浴場に入れるそうです。

料金:1,690円~14,180円(税込み)

住所:宮城県仙台市青葉区国分町2丁目14-23

リッチモンドホテル仙台

リッチモンドホテル仙台は、仙台駅西口から歩いて8分の所に位置し、ご利用の際に女性とお子様には、無料のアメニティがプレゼントされるそうです。

料金:2,700円~34,200円(税込み)

住所:宮城県仙台市青葉区花京院1-4-12

ホテルグリーンシティ

ホテルグリーンシティは、青葉体育館まで徒歩で行ける距離にあり、館内の無料ランドリー2台を利用できるそうです。

料金:2,450円~13,950円(税込み)

住所:宮城県仙台市青葉区通町1-6-23

まとめ

仙台初売りの2018年の日程は、毎年1月2日と3日の2日間に行われるようですね。

また、JR東北本線では、1月2日の仙台初売り合わせて、早朝の5時に仙台駅に到着するように、臨時列車の「開運仙台初売り号」が運行されるそうです。

スポンサーリンク



このページの先頭へ